芥川龍之介文学碑

e0009760_1231846.jpg
e0009760_12313832.jpg
e0009760_1232196.jpg

e0009760_12401289.jpg


芥川龍之介生育の地
龍之介は明治25年3月1日、京橋区入船町8丁目(現中央区明石町)に生まれました。生後7ヶ月で母が病気となり、この地本所小泉町15番地(現両国3丁目22番)に住む伯父の芥川道章に引き取られ、やがて養嗣子として育てられました。芥川家は、代々江戸城の御数寄屋敷衆を勤めた旧家でした。道章は俳句や盆栽に親しむとともに、南画をたしなみ、また一家をあげて一中節を習い、歌舞伎を観る等、江戸趣味の濃い家庭でした。
by momotaro-sakura | 2010-03-09 12:33 | ぶらり東京散歩(近郊)