回向院

回向院
e0009760_13124742.jpg
e0009760_14521371.jpg
e0009760_1314753.jpg
e0009760_13143788.jpg
e0009760_13153379.jpg
e0009760_1316699.jpg
e0009760_13163557.jpg
e0009760_13175122.jpg
e0009760_13182047.jpg
e0009760_13183888.jpg
e0009760_13185482.jpg
e0009760_13191138.jpg
e0009760_13201576.jpg
e0009760_13205162.jpg
e0009760_13212249.jpg
e0009760_13215574.jpg
e0009760_13232048.jpg
e0009760_13234179.jpg
e0009760_13235975.jpg
e0009760_13243194.jpg
e0009760_13245692.jpg
e0009760_13252791.jpg
e0009760_13263537.jpg



e0009760_13304326.jpg



e0009760_14342723.jpg

加藤 千蔭(かとう ちかげ、享保20年3月9日(1735年4月1日) - 文化5年9月2日(1808年10月21日))は、江戸時代中期から後期にかけての国学者・歌人・書家。父は加藤枝直。姓を橘氏とすることから、橘千蔭とも称する。号は芳宜園など。歌人で江戸町奉行の与力であった父・枝直の後をついで吟味役となったが、寛政の改革にあたり、1788年(天明8年)町奉行与力を辞し、学芸に専念した。若くして諸芸を学んだが、特に国学を賀茂真淵に学び、退隠後、師真淵の業を受け継ぎ、同じく真淵の弟子であった本居宣長の協力を得て『万葉集略解』を著した。和歌については、千蔭の歌風は『古今和歌集』前後の時期の和歌を理想とする高調典雅なもので、村田春海と並び称された。また書にも秀で、松花堂昭乗にならい和様書家として一家をなし、仮名書の法帖を数多く出版した。絵は、はじめ建部綾足に漢画を学んだが、その後大和絵風の絵画に転じた。

e0009760_13582387.jpg

岩瀬京山
e0009760_1352236.jpg

岩瀬京伝
e0009760_13501442.jpg


e0009760_14502356.jpg

【山東京伝】
(1761-1816) 江戸後期の戯作者・浮世絵師。本名、岩瀬醒(さむる)。通称、伝蔵。江戸の人。浮世絵を北尾重政に学ぶ。黄表紙・洒落本作者として著名。江戸読本創出者としても知られる。晩年は考証随筆に傾注。著「江戸生艶気樺焼(えどうまれうわきのかばやき)」「通言総籬(つうげんそうまがき)」「骨董集」など。

山東 京伝(さんとう きょうでん、宝暦11年8月15日(1761年9月13日)-文化13年9月7日(1816年10月27日)は江戸時代の絵師、戯作者。本名は岩瀬醒(さむる)。狂歌名を身軽折輔と号した。通称は京屋伝蔵。父は岩瀬伝左衛門。合巻作者の山東京山は実弟。黄表紙・狂歌作者の黒鳶式部(実名よね)は実妹。

寛政の改革で手鎖の処罰を受けたことで知られる。


e0009760_1537274.jpg

e0009760_13595083.jpg

e0009760_15454750.jpg


e0009760_1546538.jpg


竹本 咲太夫(たけもと さきたゆう)は、義太夫節の太夫。初代 後の初代竹本男徳斎(なんとくさい)。2代目 後の2代目竹本男徳斎。3代目 (生年不詳 - 文化5年3月2日(1808年3月28日))初代竹本春太夫の門弟の重太夫が3代目咲太夫を襲名。通称を「堺屋三右衛門」...



 初代竹本義太夫の墓
e0009760_1537143.jpg

初代竹本義太夫の墓 (1918再建) 大阪にも墓があリ分骨。
 隣の『釈道喜・竹本筑後大掾、正徳4年」とあるのが最初の墓石。

e0009760_1340076.gif


e0009760_1342490.gif


e0009760_13441984.gif


e0009760_13452411.gif

1  明暦大火横死者等供養塔 1675 建立 11  山東(岩瀬)京伝の墓 戯作者
2  海上溺死者群供養塔 1856 再建 12  山東(岩瀬)京山の墓 京伝の弟
3  ねずみ小僧の墓 1876 再建 13  橘(加藤)千陰の墓 国学者、歌人
4  猫塚 1816 建立 14  地蔵半跏像 1757 建立
5  二世中村勘三郎の墓 歌舞伎役者 15  水子塚 1793 建立
6  安政大地震横死者等供養塔 1855 建立 16  六地蔵供養塔 1857 建立
7  安政大地震横死者等供養塔 1856 建立 17  塩地蔵      破損ひどく年代不明
8  浅間山噴火横死者石塔 1788 建立
9  関東大震災横死者の墓 1925 建立
10  井田長秀の墓 亀の研究者
●  初代竹本義太夫の墓 (1918再建) 大阪にも墓があリ分骨。
 隣の『釈道喜・竹本筑後大掾、正徳4年」とあるのが最初の墓石。
●  三界万霊塔 (1665建立) 回向院で最も古い石塔。登緑有形民俗文化財
by momotaro-sakura | 2010-03-09 13:27 | ぶらり東京散歩(近郊)