動き出すインフラ輸出(上)インドを足がかりに――技術・金融強み生かす。(2010/5/7)

動き出すインフラ輸出(上)インドを足がかりに――技術・金融強み生かす。(2010/5/7)
 新興国のインフラ需要を巡る主要国の争奪戦が激しくなってきた。日本も交通・電力などの整備事業を受注し、関連する製品やシステムの輸出拡大をもくろむ。日本は「インフラ輸出」で成長基盤を強化できるのか。事実上の第1号となったインドの現場報告を交えて検証する。

構想時から関与

 4月30日、インド・デリーの最高級ホテル「オベロイ」。東芝、三菱重工業、日立製作所などの日本企業連合とインドの州政府が、同国西部で進める環境配慮型の都市整備事業で協力文書を交わした。直嶋正行経済産業相は調印式で「日本のインフラシステムや環境技術を生かし、インドの都市開発が前進することを期待する」と語った。

 日本企業連合が受注したのは、次世代送電網(スマートグリッド)などの先端技術を生かした西部4都市の都市整備だ。事業・・・ (新聞本文はまだ続きます)


(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日本経済新聞 朝刊]
[提供:日経テレコン21]
by momotaro-sakura | 2010-05-10 13:18