PCの運用状況管理ソフト、日立系、パッケージで。(2010/6/2)

PCの運用状況管理ソフト、日立系、パッケージで。(2010/6/2)
 日立システムアンドサービスは、社内ネットワークに接続するパソコンの運用状況を一元管理する日立製作所のソフトについて、サーバーや導入サービスも含めて一貫して提供するサービスを1日から始めた。ソフト、ハード、導入サービスをパッケージ化して割安に提供し、中堅・中小企業向けに売り込む。

 日立のパソコン運用管理ソフトは、社内ネットワークに接続するすべてのパソコン(原則1000台まで)の稼働状況や、各パソコンに搭載するソフトの種類や稼働状況などを一元管理する。使われていないパソコンやソフトの種類がすぐに分かり、無駄を省ける。

 100台のパソコンを管理する場合、通常は総額で約200万円の導入費用がかかるが、9月末までの受注分はキャンペーン価格として約6割の126万円で提供する。


(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日経産業新聞]
[提供:日経テレコン21]

続きを読む(日経テレコン21)
by momotaro-sakura | 2010-06-05 10:53