鉄道車両1兆円事業、日立への発注、英国が中止も。(2010/6/5)

鉄道車両1兆円事業、日立への発注、英国が中止も。(2010/6/5)
 【ロンドン=石井一乗】英国政府が75億ポンド(約1兆円)をかけて高速鉄道車両を新型車両に置き換える事業で、受注が内定していた日立製作所への正式発注を取りやめる可能性が浮上してきた。4日付の英紙フィナンシャル・タイムズが報じた。財政赤字の削減に向けて歳出削減を急ぐ必要があるためという。

 英運輸省などはコメントを控えており、大型商談の最終的な行方は不透明だ。

 英政府は昨年、最大1400両の鉄道車両の納入と保守サービスについて、日立を中心とする企業連合に優先交渉権を与えていた。日立は正式受注を獲得すれば2013年から順次納入を始める考えだった。しかし金融市場の悪化を受けて今年2月、英政府は5月の英総選挙の前には正式契約しない方針を決めていた。


 5月の総選挙では前労働党政権が退き、保守・・・ (新聞本文はまだ続きます)

(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日本経済新聞 朝刊]
[提供:日経テレコン21]
by momotaro-sakura | 2010-06-08 15:14