NEDO、米での次世代送電網実証、東芝など19社参加。(2010/6/17)

NEDO、米での次世代送電網実証、東芝など19社参加。(2010/6/17)
 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は16日、米ニューメキシコ州での次世代送電網(スマートグリッド)の実証実験に参加する企業19社を公表した。太陽光発電と規模の大きい蓄電池を電力網内に構築する事業は東芝がとりまとめ役になる。年内に詳細な設計をして、2011年中に着工、同年秋に試験運転を始め、12年度から実証を開始する。

 ニューメキシコ州ロスアラモス郡で実施する太陽光発電の実証事業には、東芝のほか、日立製作所、京セラ、日本ガイシ、伊藤忠テクノソリューションズ、NECの合計6社が参加する。また、スマートハウスの実証は京セラがシャープとNECの技術なども使いながら実施する。

 一方、同州アルバカーキ市で、系統電線から切り離しても自立運転可能なビルを作る実証試験では、清水建設とシャ・・・ (新聞本文はまだ続きます)


(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日経産業新聞]
[提供:日経テレコン21]
by momotaro-sakura | 2010-06-20 19:11