日立、電池事業2500億円に、14年度目標、産業用途を開拓。(2010/6/18)

日立、電池事業2500億円に、14年度目標、産業用途を開拓。(2010/6/18)
 日立製作所は17日、リチウムイオン電池を中核事業として新設した「電池システム社」の売り上げを2014年度に09年度比で75%増となる2500億円に引き上げるという目標を発表した。車載向けのほか、スマートグリッド(次世代送電網)など産業用途の開拓を進める。

 電池システム社の社長である角田義人執行役専務は「リチウムイオン電池は新しい産業を形成する際のキーデバイス」として、グループで取り組む方針を示した。スマートグリッドなど産業用途で、リチウムイオン電池関連のシステム構築や導入・保守を含めて14年度に100億円の売り上げを目指す。

 リチウムイオン電池の仕様を標準化することで、グループ内での活用を加速する。今後、3年間で50億円を投じて、バッテリーの基本単位であるセルの寸法などの仕様を統一・・・ (新聞本文はまだ続きます


(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日経産業新聞]
[提供:日経テレコン21]
by momotaro-sakura | 2010-06-21 10:28