人民元変動企業は備え、相場の動きを注視、良品計画、元建て仕入れ。(2010/6/21)

人民元変動企業は備え、相場の動きを注視、良品計画、元建て仕入れ。(2010/6/21)
コマツは為替予約

 中国政府が人民元相場の弾力化方針を示したのを受け、日本企業は為替相場の動向を注視しつつ、元の変動制に備える。為替予約など財務面の対策をとる一方、中国工場の輸出採算悪化と人件費上昇を両にらみし、生産機能などを中国外に分散する動きも一部にある。中国事業が拡大するなか、人民元の変動リスクへの対応が企業収益に直結する局面を迎えた。

 人民元の弾力化について、今のところ日本企業の受け止め方は比較的冷静。中国に展開する企業にとって元高はプラス、マイナスの両方に働く可能性があるからだ。

冷静に受け止め

 ヤマハは中国内の工場から米国などに楽器を輸出しており、人民元がドルに対し10%上昇すると営業利益が年8億円(円相場は一定と仮定)目減りする。逆に、ユニ・チャームは中国工場が海外・・・ (新聞本文はまだ続きます)
(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日本経済新聞 朝刊]
[提供:日経テレコン21]
by momotaro-sakura | 2010-06-24 17:51