三菱重工と日立製作所が海外の鉄道事業で提携(06/23 00:10)




三菱重工と日立製作所が海外の鉄道事業で提携(06/23 00:10)
 

 三菱重工と日立製作所が、海外の鉄道事業で業務提携すると発表しました。
新興国などで拡大するインフラ需要を取り込む狙いです。
 2社は、来月にも地下鉄やモノレールなど都市型の鉄道事業で海外プロジェクトの受注を目指す事務所を共同で設立します。欧米では省エネタイプの新しい鉄道システムへの移行が進んでいるうえ、新興国ではインフラ整備のため多くの入札案件が立ち上がっています。一方で、ドイツのシーメンスなど「鉄道のビッグ3」と呼ばれる欧米の巨大企業との受注競争が激化しています。2社は、車両だけでなく、駅や線路の建設や管理まで手がけられる体制を整えて、激しい受注競争を優位に進めたいとしています。
span>

by momotaro-sakura | 2010-06-27 13:04