日立製作所・三菱重工業、海外向け鉄道システム事業基本合意書





http://ir.nikkei.co.jp/irftp/data/tdnr1/tdnetg3/20100622/6br7d1/140120100622042085.pdf

日立・重工、海外鉄道事業で基本合意、相互補完し拡販へ

10/06/28

 日立製作所と三菱重工は22日、海外向けの都市内鉄道システム事業に関して、協業を進めると発表した。
 現在、鉄道システムなど大型の社会インフラは、新興国を中心に市場の拡大が見込まれ、先進国でも「グリーン・モビリティ」の一つとして環境負荷が小さく点が高く評価されている。それにともない、欧州、アジア、中東、北米、中南米など、世界の多くの地域で新規建設や延伸、車両・システムの改良による高速化などの動きが活発化、海外の鉄道システム市場は拡大している。
 今回の両社の合意は、このような市場動向を踏まえたもので、海外の都市内鉄道システム案件で、マーケティングから開発、設計、製造、調達、エンジニアリング、建設・工事、メンテナンスに至るまでの幅広い分野で協業を進める。
 また、両社の持つ製品ラインアップを相互補完することで、地下鉄などを含めた在来型の通勤車両、全自動無人運転車両システムなど、都市交通にかかわるさまざまな鉄道システムのニーズに応えていくという。

by momotaro-sakura | 2010-06-28 16:08