自動車や電機、アジア内需で稼ぐ――5位日立製作所、18位味の素、32位クボタ。(2010/6/27)




自動車や電機、アジア内需で稼ぐ――
5位日立製作所、18位味の素、32位クボタ。(2010/6/27)
 世界経済をけん引するアジアで稼ぐ企業を探るために、アジアでの営業利益額でランキングしたところ、上位に自動車と電機が入った。経済発展で中間所得層が拡大、自動車や家電製品の販売が伸びているためだ。

 2010年3月期の決算短信で地域別セグメント情報を開示している企業を対象にした。全体の営業利益に占めるアジアの比率が売上高のそれよりも高かった企業は、ランキング50社のうち47社となった。アジア事業の利益貢献度の高さを物語っている。

 トヨタ自動車はアジアで2035億円の営業利益を稼ぎ、日本の2252億円の赤字を補った。パナソニックのアジアでの売上高営業利益率は4.5%で、同社の地域別では最も高かった。ホンダはアジアで二輪車の販売が伸び、営業利益は前の期を9.1%上回った。
 他の地域の営業・・・ (新聞本文はまだ続きます)

(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日経ヴェリタス]
[提供:日経テレコン21]
by momotaro-sakura | 2010-06-30 09:13