英運輸省、鉄道車両更新計画の続行は10月に判断

英運輸省、鉄道車両更新計画の続行は10月に判断
アサヒコム2010年7月6日17時35分


 [ロンドン 6日 ロイター] 英運輸省は6日、都市間高速鉄道の車両置き換え計画(IEP)を続行するかどうかの最終判断について、幅広い分野の歳出見直しが予定される10月に行う方針を発表した。

 同省は声明で、「政府は、IEPと他の主要鉄道関連投資との相互依存を踏まえ、現時点で(IEPに関する)判断を下すのは無責任と考えている」と表明した。

 鉄道車両最大2000両の更新を含むIEPは、政府の支出削減策の一環で白紙に戻されるとの観測が出ている。

 この案件では、日立製作所<6501.T>を含むコンソーシアムが優先交渉権を獲得している。

by momotaro-sakura | 2010-07-06 18:43