みんなの党渡辺氏、「民主と連立あり得ない」

みんなの党渡辺氏、「民主と連立あり得ない」
2010.7.8 20:16


 みんなの党の渡辺喜美代表は8日、参院選後の民主党との連携について「アジェンダ(政策課題)が全く違うので、連立はあり得ない」と否定した。

 渡辺氏は「民主党は大きな政府で官僚主導の増税路線、みんなの党は小さな政府で民間主導の成長路線だ」と強調。また公務員制度改革についても「民主党は官公労に支援されているがゆえにアリバイづくり程度の改革しかできない」と指摘、実現は難しいとの見通しを示した。

 また菅直人首相について「(消費税をめぐる)発言のぶれは本当にひどい。覚悟があって言っているわけでなく、役人に洗脳されて腰だめで言っているのがよく分かる」と批判した。

 京都市内で記者団に述べた。

産経ニュース
by momotaro-sakura | 2010-07-10 15:36