餃子レシピ『ニラ餃子』

餃子レシピ『ニラ餃子』

今回はニラ餃子です。 ニラに含まれる硫化アリルは、ビタミンB1を体内に長く留めておく作用があるので、 スタミナ増強食品として、又は新陳代謝を促す効果もあるので 滋養強壮としても優秀な食材といえます。




材料
•豚肉        200g
•キャベツ      400g
•ニラ          1束

調味料
•醤油        15cc
•酒          5cc
•塩          6g
•味の素        6g
•ごま油        7g
•コショウ       少々

薬味
•ニンニク      10g
•生姜         4g

作り方

まず、キャベツをみじん切りにします。手切りで刻むのが一番いいのですが、ご家庭にフードプロセッサーなどがあれば、そちらを使うことで時間の短縮がはかれます



次はこのキャベツの水分をしぼり出しますコツは一つまみの半分の塩 をキャベツに入れてしぼること。浸透圧の関係でキャベツの繊維細胞から水分が出やすくなります



キャベツの水分を絞ったら次は豚肉に調味料を加えて練り合わせます。豚肉の白い脂の部分が練り合わせることで無くなり全体がピンクがかってくればOKここでのコツはよく練って肉がネバネバした状態になることにより後で合わせるキヤベツとのつなぎを有効にするほか、食べた時の食感を高める効果があります



肉が練りあがったら野菜とニラを混ぜるのですが、ニラは大変繊細な野菜で、少しでも傷がつきますとそこから、香りの成分が飛んでしまいせっかくのニラのいい香りが台無しになってしまいます。そこで、ニラは一番最後にざっくり二回し程度で抑え、皮に包むときに少し混ぜる程度がベストです

by momotaro-sakura | 2010-07-23 08:10 | レシピ