ヒートアイランド現象緩和に役立つ、防滑性ビニル床シート

出典
企業プレスリリース
平成22年7月29日
タキロン株式会社

床面の温度上昇の原因となる赤外線を最大で66%反射
ヒートアイランド現象緩和に役立つ、防滑性ビニル床シート
「タキストロン バルコニーシート LX<遮熱・赤外線反射タイプ>」を発売



 タキロン株式会社(大阪市中央区 兵頭 克盛社長)は、バルコニー専用床材防滑性ビニル床シート「タキストロン バルコニーシートLX<遮熱・赤外線反射タイプ>」を8月1日より販売を開始します。

 タキストロン バルコニーシートLX<遮熱・赤外線反射タイプ>は、昨年の4月にバルコニー専用床材として開発したバルコニーシートLBに、遮熱・赤外線機能を付与した防滑性ビニル床シートです。
 直射日光を受けるバルコニー、ルーフバルコニーは、受けた太陽光によって表面の温度が上昇し、大気の温度上昇を引き起こします。バルコニーシートLXは、特に床面の表面の温度上昇につながる日光の赤外線領域の光線を効率よく反射させることで、床材表面の温度が熱くなり難く、大気の温度上昇を抑制し、ヒートアイランド現象の緩和にも貢献する床材です。


防滑性ビニル床シート 「タキストロン バルコニーシート LX <遮熱・赤外線反射タイプ>」の特長

 製品の構造は、表面層が厚く耐久性に優れ、防滑エンボス・色・柄を形成する樹脂層が裏打材まである「インレイド構造」です。また、耐候性に優れており、紫外線に強く、変色や劣化しにくいため、ルーフバルコニーなどの完全屋外にも最適な床材です。
 さらに、生活空間の延長にあるバルコニーに求められる「高メンテナンス性」「高防汚性」「防滑性」の機能に加え、より快適な空間を提供する機能として「遮熱・赤外線反射性」を加えた床材です。
・「高メンテナンス性」…住民の皆様がホウキ・モップでの清掃が容易に行えるように、表面の凹凸(防滑エンボス)を従来品(タキストロン タフスリップタイプ)の1mmから0.3mmに軽減し、メンテナンス性を約30%向上(当社比)させました。
・「高防汚性」…表面緻密性を新技術『クロスネット処理』で向上させ、プランターからの薬品や室外機の錆などによる汚れの浸透を軽減しました。
・「防滑性」…サンダルなどバルコニーで利用頻度の高い靴でも滑りにくくするため、防滑エンボスの上に、さらに微細な凹凸加工を新技術『マイクロエッジ加工』で表面に施しました。
・「遮熱性」…夏場でも熱くなりにくい遮熱構造です。温度上昇の元となる赤外線を反射させるための特殊配合による熱線反射機能を付加しました。
⇒ 赤外線反射率は最大で66%を達成しました。


防滑性ビニル床シート「タキストロン バルコニーシートLX<遮熱・赤外線反射タイプ>」の概要
[用 途]
 バルコニー、ルーフバルコニー、ベランダなど、防滑性、排水性、耐候性、また遮熱性が求められる場所。
[製品規格]
 色数:2色(ベージュ・グレー)
 寸法:巾1820mm×長さ10m×厚さ2.0mm
[メーカー希望設計価格]
 4,500円/ (材料のみ、消費税は含まれておりません)
[製造拠点]  安富工場(兵庫県姫路市安富町)

[発売] 平成22年8月1日より、全国のタキロンマテックス株式会社
  (本社 東京都港区)にて販売しております。
by momotaro-sakura | 2010-07-30 12:15