インドBGRエナジーシステム社と合弁会社設立に合意2010年8月6日

2010年8月6日
株式会社日立製作所
Hitachi Power Europe GmbH
.出典・ニュースリリース総合
インドBGRエナジーシステム社と
超臨界圧火力発電用蒸気タービン・発電機およびボイラーの製造・販売合弁会社設立に合意


株式会社日立製作所(執行役社長 : 中西 宏明/以下、日立)と、日立の子会社であるHitachi Power Europe GmbH(CEO : Klaus Dieter Rennert/本社 : ドイツ連邦共和国デュイスブルグ/以下、日立パワーヨーロッパ社)は、このたび、インド共和国(以下、インド)のエンジニアリング・重電機器製造会社である BGR Energy Systems Limited(Chairman & Managing Director : B. G. Raghupathy/本社 : インドチェンナイ市/以下、BGRエナジーシステム社)と、それぞれ、66万kW~100万kWクラスの超臨界圧*1火力発電用蒸気タービン・発電機およびボイラーの設計、製造、販売、サービスに関する合弁会社設立に合意しました。これにより、インドにおける蒸気タービン・発電機およびボイラーを一括で提供できる体制を構築し、インドでの事業拡大を図ります。

インドは、急速な経済成長に伴い電力需要が拡大しており、一部の地域では電力不足が深刻化しています。これを解消するため、今後、年間15GW程度の火力発電設備の増設が見込まれており、中国に次ぐ大市場となっています。

日立グループは、国内外で多数の火力発電用蒸気タービン・発電機およびボイラーを納入した実績があり、高度な技術力と豊富なノウハウを有しています。一方BGRエナジーシステム社は、インド国内でEPC*2事業と発電設備製造の実績を保有し、発電所の建設を一括して取り纏めるEPC事業を積極的に展開中です。今後さらなる市場の伸張が見込まれるインド国内において、石炭火力発電用を中心とする蒸気タービン・発電機とボイラー事業を一貫して本格展開を図りたい日立グループと、さらなる事業拡大に向けて海外メーカーからの技術移転によって製品競争力の強化をめざすBGRエナジーシステム社との意向が一致し、今回の合意に至りました。

今回の合意に基づき、日立および日立パワーヨーロッパ社は、それぞれ蒸気タービン・発電機およびボイラーの製造・販売合弁会社を設立します。蒸気タービン・発電機の合弁会社は、BGRエナジーシステム社が74%、日立が26%を出資し、名称はBGR Turbines Company Private Limited(以下、BGRタービン社)となる見込みです。ボイラーの合弁会社は、BGRエナジーシステム社が70%、日立パワーヨーロッパ社が30%を出資し、名称はBGR Boilers Company Private Limited(以下、BGRボイラー社)となる見込みです。BGRタービン社およびBGRボイラー社はともに2010年8月の設立を予定しており、今後、両社合わせて約500億円を設備投資し、それぞれ新工場を建設する予定です。両工場ともに2012年の生産開始を予定しており、段階的に生産能力を高め、年間3GWの生産体制とする計画です。2017年度にはBGRタービン社およびBGRボイラー社合計で1,000億円規模の売上をめざします。

BGRタービン社およびBGRボイラー社は、今後、日立の高度な設計・製造技術を導入することで、高効率で信頼性の高い火力発電設備を製造するとともに、BGRエナジーシステム社の豊富なプラント建設の一括取り纏め実績をもとに、インド市場における蒸気タービン・発電機・ボイラー事業を積極展開しインド゙国内電力の安定供給に貢献していきます。

*1超臨界圧 : 蒸気圧力が22.1MPa(約218気圧)、蒸気温度が374.1℃を超えた蒸気条件。火力発電では、蒸気条件を高温・高圧化することによって発電効率を高めることができる。*2EPC : Engineering, Procurement and Construction.BGRタービン社の概要(予定)
1. 社名 BGR Turbines Company Private Limited
2. 代表者 未定
3. 所在地 インド共和国タミルナドゥ州
4. 設立年月 2010年8月
5. 事業概要 火力発電用蒸気タービン・発電機およびその部品の設計、製造、検査、
据付、試運転、販売およびアフターサービス
6. 従業員数 約1,200人(2017年度)
7. 資本金 3,320万米ドル(約28億円)
(BGRエナジーシステム社74%、日立製作所26%) (2010年度末)
8. 設備投資額 4.5億米ドル(約390億円)

BGRボイラー社の概要(予定)
1. 社名 BGR Boilers Company Private Limited
2. 代表者 未定
3. 所在地 インド共和国タミルナドゥ州
4. 設立年月 2010年8月
5. 事業概要 火力発電用ボイラーおよびその部品の設計、製造、検査、据付、試運転、
販売およびアフターサービス
6. 従業員数 約2,100人(2017年度)
7. 資本金 1,040万ユーロ(約11億円)
(BGRエナジーシステム社70%、日立パワーヨーロッパ社30%) (2010年度末)
8. 設備投資額 1億ユーロ(約110億円)

BGRエナジーシステム社の概要
1. 社名 BGR Energy Systems Limited
2. 代表者 Chairman & Managing Director/B. G. Raghupathy
3. 所在地 インド共和国チェンナイ市
4. 設立年月 1985年2月
5. 事業概要 電力、環境、空冷装置、オイル・ガス設備、社会インフラなどの機器製造、
据付、販売、およびアフターサービス
6. 従業員数 約1,750人(2010年6月末)
7. 資本金 7億2,000万ルピー(約14億円)
8. 売上高 約307億ルピー(約583億円) (2010年3月期)

by momotaro-sakura | 2010-08-09 12:31