豪州に高速鉄道計画、JR東海など売り込みへ、ブリスベーン―メルボルン。(2010/8/13)

豪州に高速鉄道計画、JR東海など売り込みへ、ブリスベーン―メルボルン。(2010/8/13)
総工費3兆円の試算

 【シドニー=柳迫勇人】オーストラリアで大都市が集中する東南部沿岸に全長1700キロの高速鉄道を建設する計画が動き出した。豪政府は空路中心だった旅客輸送の温暖化ガス排出削減策とも位置付け、シドニー近郊の約150キロの事業化調査を年内に開始。産業界は8月下旬に日欧の関連企業を招きセミナーを開く。総工費は400億豪ドル(約3兆円)との試算もあり、東海旅客鉄道(JR東海)などが売り込みを狙う。インフラ輸出拡大を目指す日本勢に新たな商機となりそうだ。

 豪州の高速鉄道構想は巨額の建設費などが課題となり、1980年代から浮かんでは消えてきた。だが今月21日投開票の総選挙では環境政策への取り組みが焦点の一つとなっていることを踏まえ、ギラード労働党政権が高速鉄道の整備を打ち出した。・・・ (新聞本文はまだ続きます)


(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日本経済新聞 夕刊]
[提供:日経テレコン21]
by momotaro-sakura | 2010-08-16 07:17