日立――真の復活へ次の一手は…(人気特集から)(2010/8/15)

日立――真の復活へ次の一手は…(人気特集から)(2010/8/15)
 「どん底、とはいかがなものか」。2010年3月28日号の巻頭特集「どん底 日立の反撃」について、日立製作所の関係者からこんな指摘を受けた。

 09年3月期に計上した最終赤字は7873億円と、日本の製造業で最悪。10年3月期まで10年間の赤字も累計1兆円を超えた。これをどん底と言わずして何と言うのか……。だが、反撃も絵に描いたように鮮やかだった。

 10年4~6月期は全部門が営業黒字を確保し、最終損益は860億円の黒字となり、四半期で過去最高に。期初計画から500億円強も上振れした。

 「リーマン・ショック後の在庫調整を終えた顧客は、生産回復のピッチが予想以上だった」。三好崇司副社長は4~6月期決算発表でこう説明した。デジタル家電、自動車部品から建設機械、高機能材料、原子力まで幅広く手・・・ (新聞本文はまだ続きます)


(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日経ヴェリタス]
[提供:日経テレコン21]
by momotaro-sakura | 2010-08-18 06:43