脱ガラパゴス(上)「先端携帯」海外へ再発信、端末各社再編、巻き返しへ(通信動乱)(2010/8/17)

脱ガラパゴス(上)「先端携帯」海外へ再発信、端末各社再編、巻き返しへ(通信動乱)(2010/8/17)
国内市場飽和、軸足移す

 「iモード」「写メール」など様々な機能で世界最先端を走り続けながら、海外では不人気なケータイ。堅固なインフラを持ちながら、サービスやコンテンツは貧困とされるブロードバンド。日本の通信業界は、独自の進化を遂げたあまり世界で孤立する「ガラパゴス化」が深刻だ。巻き返せるのか。世界市場に向けた再挑戦が始まった。

 川崎市にあるNECカシオモバイルコミュニケーションズ本社。28階から37階までのオフィス内には、引っ越しの段ボールが所狭しと並ぶ。6月に始まった社員の「大移動」は今なお続く。

 NECは6月1日、携帯電話機事業をカシオ計算機と日立製作所の同事業会社と統合した。半導体の事業再編で空いたNECのオフィスに、旧カシオ日立の携帯電話事業会社の社員約500人が東京都東・・・ (新聞本文はまだ続きます)
(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日経産業新聞]
[提供:日経テレコン21]
by momotaro-sakura | 2010-08-20 12:31