円高続けば4割が工場を海外移転

2010年8月27日 13時06分
円高続けば4割が工場を海外移転 6割が減益

 直嶋正行経済産業相は27日の閣僚懇談会で、1ドル=85円台の円高が継続した場合、製造業の4割が工場や開発拠点を海外に移転するとした緊急調査の結果を報告した。最近のドルに対する円高で製造業の約6割が、ユーロでは約5割が減益になると回答。円高が企業経営に打撃を与え、産業空洞化に拍車をかける恐れが強いことが浮き彫りになった。


.菅首相:円高対策など表明へ
 仙谷由人官房長官は27日午前の記者会見で、菅直人首相が同日午後に東京都大田区で中小企業などを視察した後、記者団に対し円高など経済情勢についての問題意識や今後の取り組みについて、対応方針を表明することを明らかにした。

 菅内閣は27日の閣議後の閣僚懇談会で経済情勢について意見交換。各閣僚から円高に対する深刻な危機感が示され、早急に政府・民主党が円高経済対策を打ち出すとの方向性で一致した。また、金融政策での日銀との連携を強化すべきだとの意見が多数を占めた。仙谷氏は会見で「(大田区の視察後に)現在の経済状況についての首相の認識、やる気、方針を訴えることになる」と語った。【田中成之】

毎日新聞 2010年8月27日 13時04分(最終更新 8月27日 14時48分)

by momotaro-sakura | 2010-08-27 14:37