日立製作所ひたちなか総合病院(茨城県)(医療介護最前線リポート)(2010/8/27)

日立製作所ひたちなか総合病院(茨城県)(医療介護最前線リポート)(2010/8/27)
開業医と連携、地域「護る」

 日立製作所ひたちなか総合病院(茨城県ひたちなか市)は名前の通り、日立製作所が運営する“企業立病院”だが、県央・県北地域の医療を担う中核病院でもある。6月末には災害拠点病院の機能も備えた新病院としてリニューアル。がん治療やリハビリテーションなどの機能を充実させるなど「地域を護(まも)る病院」として一段と存在意義を高めつつある。

 日立は現在、創業の地である茨城県内で3つの病院を運営する。このうち、ひたちなか総合病院は日立総合病院(日立市)の分院として1945年に開設。グループの従業員だけでなく、地域住民にとっても重要な病院として機能してきた。

 茨城県は人口あたりの医師数が全国ワースト2位。特にひたちなか総合病院がカバーする県央・県北地域の医師不足は深刻だ。・・・ (新聞本文はまだ続きます)


(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日経産業新聞]
[提供:日経テレコン21]
by momotaro-sakura | 2010-08-30 10:43