【鉄道ファン必見】阪急カラーの大阪モノレールが登場

【鉄道ファン必見】阪急カラーの大阪モノレールが登場産経ニュース
2010.8.31 09:02
e0009760_9334175.jpg

阪急電車でおなじみの「マルーンカラー」に塗られた大阪モノレールの車両=大阪府吹田市の万博記念公園駅(門井聡撮影) 阪急電車でおなじみの「マルーンカラー」に塗られ、京都の清水寺や渡月橋などの四季の風景が描かれた大阪モノレールの車両が登場し、走行する姿が注目を集めている。

 運営する大阪高速鉄道と、モノレールに接続する阪急電鉄によるPRキャンペーンの一環。今月2日からモノレール全線で走行を開始した。

 大阪空港と大阪府門真市などを結ぶモノレールは、南茨木駅で阪急京都線と接続。2つの鉄道を乗り継げば、大阪空港から河原町へは約55分で、嵐山へは約65分で行くことが可能となる。

 大阪高速鉄道と阪急は「大阪空港を基点に全国各地から、また、阪急・大阪モノレール沿線からも、スムーズにアクセスできる便利さをアピールしていきたい」としている。

by momotaro-sakura | 2010-08-31 09:33