研究投資こう攻める(4)日立製作所執行役常務小豆畑茂氏(R&Dトップに聞く)(2010/8/31)

研究投資こう攻める(4)日立製作所執行役常務小豆畑茂氏(R&Dトップに聞く)(2010/8/31)
社会インフラ事業に注力

 2010年度は前年度比5・7%増の3940億円を研究開発費に投じる日立製作所。インフラ事業などを中心とした「社会イノベーション」に力を入れる方針だ。研究開発本部長を務める小豆畑茂執行役常務に話を聞いた。

 ――研究開発費を増額した理由は。

 「方針は大きく変えていない。研究開発費の売上高比率は4・2%で、前年度と同じ比率だ。営業利益が減った年でも研究開発費は減らさず、一定の投資を続けている。研究開発費の増額分は、社会イノベーションに投じる」

 ――それはどんな領域か。

 「高度なIT(情報技術)に裏打ちされた社会インフラ事業を指す電力・交通・物流・水などを対象と考えている。これに電池やハードディスクなどのキーデバイスが絡む。コーポレート研究資金のうち、社・・・ (新聞本文はまだ続きます)


(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日経産業新聞]
[提供:日経テレコン21]

続きを読む(日経テレコン21)
by momotaro-sakura | 2010-09-03 08:46