◆NHKと日立が、動画電子透かしを埋め込むことができるトランスコーダーを共同開発

◆NHKと日立が、動画電子透かしを埋め込むことができるトランスコーダーを共同開発
動画ファイルデータの流出対策に貢献
(平成22年8月31日)

日本放送協会
株式会社日立製作所

 日本放送協会(会長:福地 茂雄/以下、NHK) と 株式会社日立製作所(執行役社長:中西 宏明/以下、日立)は、放送映像を低解像度の動画ファイルに変換する際、画質の劣化を抑えながら識別情報を電子透かし*1として埋め込むことができるトランスコーダー*2を共同で開発しました。本トランスコーダーで変換された動画ファイルは専用ソフトにより識別情報を把握できるため、データ流出対策への貢献が期待されます。

 近年、放送映像を記録するメディアは、VTRテープから動画ファイルへ移行が進んでいます(ファイルベース化)。また、ホームページの作成やインターネット上での二次利用などで、高解像度の動画ファイルから、低解像度の動画ファイルに変換(トランスコード)する機会が増えています。動画ファイルは、PCなどの情報機器との親和性が高く、取り扱いが容易である一方で、データ流出に対する対策が求められています。データ流出を防ぐため、データの識別情報を画像や文字として映像に上乗せ(スーパーインポーズ)するなどの対策が行われていますが、本来の映像に不要な情報を上乗せしなければならないという問題がありました。

 こうしたことから、NHKと日立は、放送映像を低解像度の動画ファイルに変換する際、画質の劣化を抑えながら識別情報を動画ファイルに埋め込むことができるトランスコーダーを開発しました。日立独自の電子透かし技術を導入することにより、知覚できない程度に画像を変更することで識別情報を動画ファイルに埋め込みます。その情報は専用ソフトにより把握できるため、データ流出対策への貢献が期待されます。

 今後、NHKと日立は、本トランスコーダーを活用して、映像データの効率的なセキュリティ管理を実現する放送映像のファイルベース化を進めていきます。

 なお、本トランスコーダーの技術については、8月31日から愛媛大学にて開催される2010年映像メディア学会年次大会、9月7日からスペインで開催予定のコンピューターと人工知能に関する国際会議「International Symposium on Distributed Computing and Artificial Intelligence 2010 (DCAI'10)」において発表される予定です。

■今回開発したトランスコーダーの特徴
1. 日立独自の電子透かし技術を導入することにより、放送映像を低解像度動画ファイルに変換する際、画像に識別情報を、画質の劣化を抑えながら埋め込むことができます。映像の特徴を検出し目立たない領域を選択した上で、知覚できない程度に画像を変更し、識別情報を埋め込みます。映像が単調な領域や輪郭部を避け、絵柄の複雑な領域に多くの識別情報を埋め込むことで画質の劣化を低減します。
2. 変換した動画ファイルを、異なる解像度のファイルに再変換する場合でも、識別情報の検出が可能です。
by momotaro-sakura | 2010-09-04 08:41