ネットバンキング、地銀も大手行並み機能、NTTデータ・日立、システム刷新。(2010/9/3)

ネットバンキング、地銀も大手行並み機能、NTTデータ・日立、システム刷新。(2010/9/3)
共同利用型、使いやすく

 NTTデータと日立製作所はそれぞれ数十億円を投じ、地方銀行などが共同利用しているインターネットバンキング向けシステムを刷新する。大手銀行並みに機能を強化し、金融機関や顧客企業、個人客らの利便性を高める。金融機関は顧客獲得や支店コストの削減に役立つネットバンキングの拡充を急いでいる。自前でシステムの整備が難しい地銀、信用金庫、信用組合などの利用拡大による収入増を見込む。

 NTTデータが2012年1月の稼働を目指す新システムは、給与の同時振込が可能な件数を現行の1万件から、5万件に増やすなど法人向けの機能を充実させる。1回の操作で処理が可能な口座数も5倍にあたる100口座に増やす。

 電子記録債権(電子手形)など関連する金融サービスや、各金融機関の個別サービスも・・・ (新聞本文はまだ続きます)


(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日本経済新聞 夕刊]
[提供:日経テレコン21
by momotaro-sakura | 2010-09-06 12:30