事務系全員が海外赴任、日立、12年春入社から、留学・研修も年700人に。(2010/9/4)

事務系全員が海外赴任、日立、12年春入社から、留学・研修も年700人に

。(2010/9/4)
 日立製作所は2012年春に入社する社員から、事務系は全員、技術系も半数を将来、海外赴任することを前提に採用する。若手を対象にした語学留学や海外での実務研修、長期の海外出張なども大幅に拡充する。同社は12年度の海外売上高比率を09年度の41%から50%超に引き上げることを目指しており、海外市場の開拓を担う人材を採用段階から意識し、育成体制を強化する。

 来年の採用活動から学生に対し将来、海外赴任する意思があるか、どうかを確認した上で、一定の語学力がある人材を「グローバル要員」として採用する。事務系では全員がグローバル要員になるが、研究開発は国内が中心のため、技術系は半数をグローバル要員とする。

 まず日立本体の大卒以上を対象とする。10年の新入社員は事務系・技術系合わせて約700人で、1・・・ (新聞本文はまだ続きます)


(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日本経済新聞 朝刊]
[提供:日経テレコン21]
by momotaro-sakura | 2010-09-07 15:06