◎貧血の食事療法

◎貧血の食事療法

 女性に多いといわれる貧血は、思春期、妊娠中で成長、発育、ダイエットと称して無理な痩せ志向、月経が原因と言われています。
 皮膚粘膜の蒼白、立ちくらみ、頭痛、メマイ、運動時呼吸困難、全身倦怠感、脱力感、四肢冷感、爪がもろくなる、黄疸、食欲不振、吐き気、記憶力低下、知覚異常、神経過敏、微熱、頻脈、心悸亢進、浮腫、呼吸困難、心不全の症状がありますがかなり悪化してから出ないと症状が現れない場合があり注意が必要です。
 貧血とは、「血液の単位容積中の赤血球(ヘマトクリット)数、血色素(ヘモグロビン)量が減少した状態」で、大怪我をして外傷時の大出血で全体血流量の減少、赤血球、血色素の生成機能の低下(悪性貧血〈巨赤芽球性貧血きょせきがきゅうせいひんけつ:ビタミンB12、葉酸欠乏〉・再生不良性貧血・骨髄破壊、抑制・肝腎脾臓疾患・リュウマチ・胃腸障害・鉄欠乏性貧血・低たんぱく血症)、溶血性貧血(赤血球が壊れやすく寿命が短くなる:ビタミンB12欠乏、ステロイドの投与が行われることがある)が上げられています。赤血球の寿命は、約4ヶ月ほどで一日に4~5万個の赤血球が骨髄(約96%)で生成され、主に肝臓、脾臓で破壊されています。腎臓からは、エリスロポエチン(EPO・糖タンパク質【赤血球増血ホルモン】)が産出されます。一般に低色素性貧血といわれますが、単に、食生活からだけで改善できない疾患が潜んでいることもありますので関係機関の検査、受診されることが大切です。

 正常血液の数値は、以下に基準値として定めています。
赤血球数(RBC:Red blood cell)380~480万/mm3 ・ヘマトクリット34~42%・血色素量(ヘモグロビン)12~16g/dl 赤血球数が正常でも血色素量が基準値以下であれば貧血になります。血色素量(ヘモグロビン)は、酸素、二酸化炭素と結びついて全身へ行き渡らせ運搬する役割があり、色素のヘム(酢酸からポルフエリン代謝を得て合成され鉄元素を持っている)とタンパク質のグロビンからなり血色素合成に鉄が関わっており鉄分の不足は、重大な障害、症状を起こすことになるのです。女性の1/3程度は、鉄欠乏性貧血と言われます。

 食生活上、貧血となる主な原因については

小食、偏食のため鉄分、タンパク質の摂取量が少なくなっている。
成長発育、月経、妊娠、授乳、過激な運動、スポーツ(初心者に出やすい行軍血色素尿症)のために摂取量が間に合わなくなっている。
病的疾患、老化により吸収がスムーズに行われていなく悪性貧血といわれていたビタミンB12、葉酸(吸収に胃液が必要)の不足。
 単純な鉄欠乏性貧血には、主に鉄分、タンパク質の摂取が必要となります。一般に鉄分の不足は、意識して取らないと取りにくい栄養素のようです。H12・国民栄養調査より50歳以下の女性すべての年齢層で基準値以下の結果となっています。高齢者にみられる悪性貧血には、ビタミンB12、葉酸の薬剤の服用で改善されるようにもなりました。そしてビタミンB6、C、銅、ラクトフェリン(母乳、生乳:熱に弱い)がその吸収を高めます。鉄、銅、亜鉛などと相互作用があり、鉄欠乏では、亜鉛濃度は低く、血清中の銅濃度が高くなっています。複数の微量栄養素の間で相互作用を持っているのです。

 重症の貧血では食事療法と平行して薬物療法を行うわけですが薬(一般に鉄剤を乳製品、お茶と一緒に服用することは、吸収を妨げ避けたほうがよいと言われます)は、一時的には効果がありますが必要以上に取り入れてしまう(鉄中毒)こともあり、症状の回復、検査データーが落ち着いてきたら早い機会に食事療法のみでの改善のほうがよいと思われます。食事は、まだ知られていない未知の栄養素を含んでいます。バランスの取れた食事が基本と考えます。鉄、銅、ビタミンB6、12、葉酸、ビタミンCを多く含む食品の摂取がよいわけです。食物から摂取された鉄分の吸収は、食品により25~80%と開きがあり平均一割程度とされており所要量10mgで吸収されるのは1mgとなります。排泄され失われる量を補うことになります。鉄の吸収を悪くする食品は、フィチン(米糠・大豆製品・野菜・果物)、タンニン(お茶)、食物繊維(野菜)があげられています。鉄分には、ヘム鉄と非ヘム鉄があり、ヘム鉄(動物性食品の40%と概算、平均鉄摂取量の1割:吸収率40%)は、体内への吸収率が非ヘム鉄(植物、動物性食品に含まれる:吸収率5~10%)に比べ5~10倍も高くなっています。鉄の吸収は、身体のほうで鉄を必要としているときにだけ行われています。正常人で8~25%(平均12%)、貧血の人は、3~80%(平均40%)です。鉄(赤血球のヘモグロビンの形成)が欠乏すると貧血が起こるのですが、これは低色素性貧血でヘモグロビンの減少であって赤血球数そのものの減少は少ないのです。健康食品として市販されているもののおおくは、家蓄(豚)が原料として使われているものが出回っています。

鉄以外は、比較的日常の食事で満たされている栄養素です。
 栄養失調、栄養不良が貧血を引き起こすわけですから栄養バランスの取れた食事が基本です。
 貧血食として重要なポイントは、「適切なエネルギー・高タンパク、鉄分」の食事です。


成分\ 多く含む食品・一回量 備考
鉄(Fe) 食パン100g-0.6mg 豚肝臓50g-6.5mg ほや50g-2.9mg  牛腎臓50g-2.3mg 牛肝臓50g-2mg 卵黄16g-1.0mg まぐろ50g-1.0mg あさり50g-1.9mg ほっき貝50g-2.2mg牡蠣100g-1.9mg まぐろ50g-1.0mg 納豆50g-1.7mg ひじき5g-2.8mg ごま10g-1.0mg ほうれん草茹50g-0.5mg
推奨量6~7.5mg/1日
体内に3~5g(血色素中70%.タンパク質と結合したフェリチンとしての貯蔵鉄[肝臓、脾臓、骨髄]25%.筋肉組織3~5%.血清中0.1%.他呼吸酵素)
糞尿、汗、皮膚、爪より1mg/1日程度、女性は、月経・妊娠によりさらに0.5mg/1日損失がある。
銅(Cu) 豚肝臓50g-0.5mg
牛肝臓50g-2.65mg
牡蠣100g-0.89mg
豆類10g-0.07~0.1mg
ほうれん草100g-0.11mg 推奨量0.7~0.8mg/1日
鉄の吸収をよくする

ビタミンB6 豚肝臓50g-0.29mg
牛肝臓50g-0.45mg
あじ70g-0.28mg
胚芽精米100g-0.22mg
推奨量1.2~1.4mg/1日
体たん白質の合成分解に重要な働きをしている。
ビタミンB12 豚肝臓50g-12.6μg
牛肝臓50g-26.4μg
牡蠣100g-28.1μg
わかめ生10g-0.03μg
推奨量2.4μg/1日
体タンパク質の合成、分解に関与している。
赤血球の合成に関与
神経症状を伴う悪性貧血に有効。
葉酸 豚肝臓50g-405μg
ほうれん草100g-210μg
納豆50g-60μg
ほたて貝100g-87μg
推奨量240μg/1日
赤血球の成熟過程に関与
緑黄食野菜に多い

ビタミンC 柑橘類100g-35~60mg
緑黄色野菜100g-15~120mg
推奨量100mg/1日
広範囲にわたり吸収を高めてくれる大切な働きを持っている。
赤血球の合成に関与

タンパク質 豚肝臓50g-10.2g
豆腐100g-6.6g
卵50g-6.2g
肉類60g-7~13g
魚肉類70g-7.7~17.5g 推奨量50~60g/1日
造血作用の元になる成分


 以上のことから豚肝臓が貧血食に即効性のある食品として用いられます。肝臓(レバー)は、コレステロールの多い食品でもありビタミンAも豊富に含まれておりますが常食として取り入れていくことも、食べにくいこともあります。レバーを調理していくうえで注意点、食べやすくする工夫として

新鮮なものをもちいる。栄養豊富であるとともに腐敗しやすい食品ですので、保存は冷凍保存が望ましいですし早めに料理し食することが臭みもなくいただけます。
香味野菜(玉葱・長葱・生姜・にんにく)、香辛料(胡椒・七味唐辛子・セージ・オールスパイス)、牛乳に浸して等を使い臭み消しを行う。
レバーペースト、竜田揚げ、生姜煮、酢味噌和えなど調理の工夫をする。
豚肝臓(50g-コレステロール125mg・ビタミンA21,645IU)牛肝臓(50g-コレステロール155mg・ビタミンA1,834IU)となっておりコレステロールの一日の目標量は600~750mg以下です。特に豚肝臓は、ビタミンAの上限摂取量3,000μgを超えての摂取となり過剰症(倦怠感・脱毛・肌荒れ・月経異常・胎児奇形)を起こすとされる上限量の10倍、30,000μgに達することもありえますので注意しておきたいところです。多量に数ヶ月にわたって続けての摂取は望ましくありません。

 貧血が改善されたら栄養バランスの取れたそしてたまには、レバーを取り入れた献立にしていくのが良いのではないでしょうか。
以下に貧血食の食料構成、メニューを記載しておきますので参考にしてください。

  一日の食糧構成(例)エネルギー1972Kcal たんぱく質91.6g 脂肪53.4g
鉄分18.7mg 銅2.02mg ビタミンA6157μg(20,318IU) ビタミンB2.:3.24mg ビタミンB6:1.76mg
ビタミンB12:38.4μg 葉酸865μg ビタミンC154mg
 食品名  米飯 芋類 砂糖 油脂類 ごま 豆腐 大豆製品
(納豆) 魚類
(アジ) 貝類
(あさり)
数量(g) 500 50 20 10 10 100 50 70 50
目安 軟飯で
6杯 馬鈴薯
小1個 大匙3杯 マーガリ
ン小匙2杯 大さじ1杯 1/3丁 1/2包み
鯵中1尾 から付き120g




 食品名  豚鳥肉類
(豚もも肉) 豚レバー 卵類 乳・乳製品 緑黄色野菜 その他の野菜 果物 海草
(ひじき)
数量(g) 60 40 60 300 100 200 150 5
目安 豚ヒレ肉小1切れ 小一切れ 中1個 牛乳2杯 ほうれん草5株 キャベツ中葉3枚 りんご小1個 大さじ1杯弱





                              貧血食 献立表

/ 朝   食 昼   食 夕   食 備考
/ 献立名・材料名 分量 献立名・材料名 分量 献立名・材料名 分量 分量
は、g


目 御飯       米飯
味噌汁      味噌
          白菜
         絹さや
          冬瓜
納豆和え    納豆
      ほうれん草
          醤油
お浸し    きゃべつ
          人参
        花かつお
            酢
          醤油
レバーの生姜煮
        豚レバー
          生姜
          味醂
          醤油
フルーツ   キューイ
        フルーツ
ヨーグルト
       ヨーグルト
150
15
10

20
50
20

60

0.5



40




50

100 御飯          米飯
肉団子の    豚挽き肉
 ケチャップ煮      玉葱
           片栗粉
              塩
             胡椒
            あさり
             玉葱
        ブロッコリー
           ケチャップ
           小麦粉
            バター
              塩
ポーチド         卵
    エッグ      酢
付パセリ         塩
            パセリ
ひじきの白和え  ひじき
             豆腐
             ゴマ
             砂糖
             醤油
ミルク         牛乳
フルーツ      伊予柑
塩もみ       きゅうり
             かぶ
              塩

150
60
50

0.3
0.01
50
40
50
20
10

0.5
60

0.2


100



200
100
10
20
0.5
御飯         米飯
お刺身       カレイ
付おろし       大根
ミニトマト      ミニトマト
しその葉    しその葉
湯豆腐        豆腐
            長葱
            醤油
胡麻和え      春菊
            胡麻
            砂糖
            醤油
里芋煮物      里芋
            柚子
            味醂
            醤油
ぜりー      ゼライス
             水
            砂糖
         コンクジュース
佃煮      のり佃煮
150
70
30
20

100


70



50




80
10
20




目 御飯       米飯
味噌汁      味噌
          もやし
       刻み納豆
         馬鈴薯
フレーク缶
付レモン 鮪フレーク缶
         レモン
盛り合わせカリフラワー
            枝豆
       かぼちゃ
         トマト
       マヨネーズ
きなこ     黄な粉
          砂糖
刻み昆布煮つけ
       刻み昆布
         油揚げ
          味醂
          醤油
ヨーグルト
       ヨーグルト
150
15
10
15
50

30

20
15
20
30

10







100


御飯          米飯
水炊き        豆腐
          ホッキ貝
           鳥ささみ
             春雨
             人参
             春菊
          出し昆布
              酢
             醤油
卵とじ          卵
          凍り豆腐
         ほうれん草
             味醂
           しょう油
              油
レバー胡麻揚げ 豚レバー
           にんにく
    みじん切り わけぎ
             醤油
           片栗粉
             ゴマ
              油
コンポート      りんご
            シナモン
             砂糖
ミルク         牛乳
150
100
60
20

10
30


12
50
10
20



40




10

100
0.01

100
御飯         米飯
ロールキャベツ
         きゃべつ
            合挽
            玉葱
             卵
             塩
            胡椒
          ケチャップ
            玉葱
焼き茄子の    茄子
茗荷添え  おろし茗荷
          しょう油
潮汁      ハマグリ
          焼きのり
           三つ葉
             塩
           削り節
フルーツ      ぶどう
抹茶         牛乳
  ミルク      抹茶
            砂糖
150

80
40
30


0.05
15

70


15
0.1


0.5
50
100





目 御飯       米飯
味噌汁      味噌
         小松菜
          豆腐
オムレツ      卵
付パセリ    チーズ
 粉吹き芋     塩
          胡椒
            油
         パセリ
         馬鈴薯
           塩
          胡椒
源平煮     大根
          人参
          柚子
         出し汁
          味醂
        しょう油
ネクター     牛乳
         白桃缶
練りうに   練りうに
150
15
20
50
60

0.5
0.05


50
0.1
0.01
50
15

50


100
50

肉うどん        茹麺
          豚ひれ肉
           焼豆腐
        ほうれん草
             長葱
             味醂
             醤油
          出し昆布
            削り節
          干し椎茸
盛り合わせ    かに缶
サラダ 
     穂先グリーンアスパラ
           カリフラワー
              塩
             胡椒
             玉葱
          サラダ油
フルーツカクテル
            バナナ
            すいか
           オレンジ
塩茹で         枝豆
              塩
まつもの酢の物  マツモ
           針・生姜
              酢
             醤油
ヨーグルト
          ヨーグルト 200
40
50
20


18



40

15
20
0.2
0.05



30
40
30
30
0.1
20




100
御飯         米飯
さざえの壷焼き サザエ
付サラダ菜      塩
おろし       サラダ菜
レモン        大根
           レモン
            醤油
ブロセット   豚レバー
          ピーマン
            玉葱
             塩
            胡椒
煮物        そら豆
            鶏肉
            人参
            味醂
            醤油
お浸し       菜の花
         花かつお
            醤油
ごま団子     上新粉
          微温湯
         すり胡麻
            砂糖
ホットミルク     牛乳
150
60
0.5

40


40
20
30
0.5
0.01
20
20
15


60
0.5

15
12
10

100
by momotaro-sakura | 2010-09-07 15:23 | 健康管理/先端医療