菅・小沢氏、最終攻防へ=議員票の争奪激化-民主代表選

菅・小沢氏、最終攻防へ=議員票の争奪激化-民主代表選
 民主党代表選(14日投開票)を翌日に控えた13日、菅直人首相と小沢一郎前幹事長による攻防は最終盤に入った。菅、小沢両陣営は投票ぎりぎりまで、態度を明らかにしていない国会議員への働き掛けに全力を挙げる。
 小沢氏は13日午前、日本医師会や連合など8つの団体を訪問。菅陣営は午後に選対幹部らが集まり、国会議員票上積みに向け、対応を詰める。
 代表選の情勢は、国会議員票で両氏が激しく競り合っている一方、既に郵便による投票が終わった地方議員と党員・サポーター票は、首相が優位に立っているとみられる。
 小沢陣営は、態度表明を留保している約50人の国会議員の支持を獲得し、地方票での「劣勢」を挽回(ばんかい)したい考え。これに対し、菅陣営も国会議員票の「過半数確保」を目標に追い込みに入っている。
 代表選の投開票は14日午後、都内のホテルで行われる。菅、小沢両氏が最後の演説で支持を訴えた後、国会議員が投票。その後、地方議員票、党員・サポーター票とともに結果が発表される。(2010/09/13-04:53)
時事ドットコム
by momotaro-sakura | 2010-09-13 06:09