菅氏vs小沢氏、決着の時迫る…代表選/隠れ菅?

菅氏vs小沢氏、決着の時迫る…代表選
民主党

 民主党は14日午後、東京都内のホテルで臨時党大会を開き、代表選の投開票を行う。

 菅首相と小沢一郎前幹事長の一騎打ちとなった選挙戦は、党員・サポーター票などで優位に立つ菅氏を小沢氏が国会議員票で追い上げる展開となっている。

 菅氏は代表選で再選を果たした後、直ちに内閣改造・党役員人事を行いたい考えだ。小沢氏は、菅氏や鳩山前首相を含む挙党態勢の構築を目指している。

 郵便で行われた地方議員と党員・サポーターの投票は、11日に締め切られた。読売新聞社が13日にまとめた終盤情勢調査では、地方議員票、党員・サポーター票ともに、菅氏が小沢氏を上回る見通しとなっている。小沢氏は東北や北陸、九州の一部の地方議員票でリードしている。

(2010年9月13日22時02分 読売新聞)


【代表選】「菅総理優勢」変わらず きょう投票(09/14 05:46) テレ朝ニュース
 菅総理大臣の優勢のまま、民主党代表選は14日に投票日を迎えます。午後には、国会議員による投票が行われ、菅総理と小沢前幹事長の一騎打ちに決着がつけられることになります。

 代表選の会場となる都内のホテルでは、午前3時過ぎからすでに締め切られた党員・サポーター票や地方議員票の開票作業が始まっています。党員・サポーター票などでは、世論の支持を背景に菅総理が優勢とみられています。
 菅総理大臣:「最後まで私の考え方を伝えるよう、全力を挙げたいと思っています」
 菅総理は13日夜、総理公邸で投票直前に行われる演説の内容について詰めの調整を続けました。
 一方、小沢前幹事長は、昼間は連合などの支持団体を回ったほか、所属の衆参両院の議員の事務所を訪ね、重ねて支持を訴えました。最新の情勢では、411人の国会議員票のうち、菅総理支持が193人、小沢氏支持が192人と互角の戦いとなっています。ただ、態度を決めていない議員が約25人いて、その動向が勝敗を左右することになります。



【民主党代表選】地方票の開票始まる 菅氏優勢も小沢氏、議員票リード
2010.9.14 03:15産経ニュース

開票作業が始まろうとしている党員・サポーター・地方自治体議員票開票会場=14日午前3時ごろ、東京都港区(三尾郁恵撮影) 菅直人首相(63)=民主党代表=の任期満了に伴う同党代表選は14日未明、都内のホテルで党員・サポーター(約34万人)、地方議員(約2400人)の「地方票」の開票が始まった。同日午後に開かれる臨時党大会で、党所属衆参両院議員による投開票が行われ、「地方票」と合算して、新代表を選出する。

 再選を目指す首相が小沢一郎前幹事長(68)に対して地方票で優位に立ち、小沢氏が国会議員で200人超の支持を得て追い上げる展開。ただ、首相も地方票でリードしているとみられるだけでなく、200人弱の国会議員の支持も集めており、首相優勢の流れは変わっていない。

 臨時党大会は午後2時に始まる。冒頭、小沢、菅両氏が各15分間、最後の演説を行う。続いて国会議員による投票を実施し、郵便投票された地方議員と党員・サポーターの票とともに結果を集計する。開票作業が順調なら午後3時半ごろに結果が判明する。

 多数派工作を展開してきた両陣営は13日も態度未定の国会議員の説得や支持団体を通じた働きかけに全力を挙げた。

 この日、中間派だった大野元(もと)裕(ひろ)、徳永エリ両参院議員、磯(いそ)谷(がい)香代子衆院議員が相次いで首相支持を表明した。川端達夫文部科学相は都内で記者団に、所属する旧民社党系グループ会長の田中慶秋衆院議員が首相支持の会長見解を表明したことを「極めて重い」と述べ、首相支持を示唆した。

 一方、斎藤恭(やす)紀(のり)衆院議員はブログで「小沢さんの主張に共感している。支持に傾いている」とした。

 首相支持の前原誠司国土交通相は13日夜、前原グループの会合で「国会議員票で勝たないと(地方票と合算して勝っても)勝ちにならない」と述べ、最後まで国会議員への働きかけを続けるよう求めた。



2010年9月14日 04時46分 時事通信
民主代表、午後に選出=党員らの開票始まる  菅直人首相と小沢一郎前幹事長が立候補している民主党代表選は14日午後、都内のホテルで臨時党大会が開かれ、党所属国会議員による投票が行われる。これに先立ち、事前に郵便投票された地方議員と党員・サポーター分の開票作業が始まった。結果は国会議員票と合わせて午後に発表される。首相と小沢氏の両陣営は、国会議員投票の直前まで支持固めを続けた。

 地方議員らの開票作業は14日午前3時から、党大会の会場となるホテルの一室でスタート。作業には、党職員と外部の業者約200人を投入した。地方議員らの投票結果が漏れた場合、国会議員の投票行動に影響しかねないことから、情報管理を徹底。作業員には携帯電話の持ち込みを禁じ、外部との連絡を遮る措置を講じた。

 全体の約3分の1の比重を占める地方議員と党員・サポーターの票については、首相が優勢とみられる。このため、国会議員票で小沢氏がどこまで支持を伸ばせるかが勝敗のカギを握る。特に態度を明確にしていない議員の動向が焦点で、両陣営はぎりぎりの説得工作を続けた。 




.民主代表選:もつれる議員票争奪…14日午後に投開票

議員の事務所を訪問し、支持を訴える菅直人首相(左)と小沢一郎民主党前幹事長=2010年9月13日午後、藤井太郎撮影 民主党代表選は14日午後2時から東京・芝公園のホテルで臨時党大会が開かれ、党所属国会議員が投票、即日開票される。党員・サポーター票、地方議員票と合わせたポイント数で過半数を制した候補が新代表に選出される。菅直人首相(63)が党員・サポーター票と地方議員票で優勢とみられ、小沢一郎前幹事長(68)が国会議員票で巻き返しを図る激戦を展開。態度未定の議員が20人弱いるとみられ、「弱い支持」層の切り崩しも含め、双方の多数派工作は投票直前までもつれ込みそうだ。

 ◇菅氏、若手らに「全員参加」アピール
 ◇小沢氏、8団体行脚で「組織戦」
 13日現在の毎日新聞の情勢取材では、菅首相への投票が確実な議員は約165人、小沢氏は約180人。支持表明はしていないが投票が有力な議員が菅首相側に約30人、小沢氏側に約20人。合わせて菅首相が約195人、小沢氏が約200人まで支持を広げているが、双方とも国会議員の過半数(206人)を固めるには至っていない。党員・サポーター票と地方議員票のリードで菅首相がやや優位を保っているとみられるものの、残る中間票の行方次第で情勢が変わる可能性がある。

 13日は菅首相、小沢氏ともに自ら議員に支持を働きかけ、両陣営がなりふり構わぬ「最後の訴え」を展開した。

 平日は公務を優先してきた菅首相だが、13日は約3時間かけて約250人の議員事務所を訪問。「それぞれの議員が得意分野で頑張れる400人の内閣を作りたい」と繰り返した。

 「リーダーシップ」を売りにする小沢氏に「全員参加」で対抗、中堅・若手議員にも積極的に活躍の場を与える「人事」もちらつかせる戦術だ。「役所をまたがる分野で議員を活用したチームを」と要望していた大野元裕参院議員(埼玉選挙区)は、事務所を訪れた菅首相に「たった今(首相支持を)表明しました」と伝え、首相は「あなたのような力のある人が活躍することが政治主導だ」と応じた。

 小沢氏も約300人の議員事務所を約3時間かけて回った。尾立源幸参院議員(大阪選挙区)が菅政権の事業仕分けを「骨抜きになっている」と批判し「ぜひ強い指導力を」と小沢氏への期待を強調すると、小沢氏は「おう、おう、おう、おう」と笑顔で応えた。

 小沢氏は議員会館回りの前に連合や日本医師会(日医)、全国郵便局長会(全特)など8団体を行脚。日医では原中勝征会長と電話で話し「医療のためには小沢先生に首相になっていただかなければ」と激励を受けた。労組や業界団体との緊密な関係を改めてアピールすることにより、次の選挙で団体の支援を得たい議員心理に訴える「組織戦」だ。

 中傷も飛び交う。鳩山由紀夫前首相は13日、自身のグループの会合で「『あちら(の陣営)をやれば、こちら(が勝った場合)のポストは使わせない』という話が出ているようだ」と述べ、菅陣営がポストを約束して支持を取りつけていると決めつけた。そんな鳩山氏を菅陣営は「(小沢陣営から)外相ポストを約束されているのでは」と皮肉り、感情的な対立も深まっている。【竹島一登、田中成之】
毎日新聞ニュース


民主新代表、午後選出 再選狙う菅氏、小沢氏猛追

 民主党代表選の、党員・サポーター、地方議員票の開票会場で作業開始を待つ担当者ら=14日午前3時、東京都内のホテル
 民主党代表選は14日午後の臨時党大会で、所属衆参両院議員による投票と、開票が進む党員・サポーター、地方議員の「地方票」と合わせ新代表が決まる。地方票で優位な菅直人首相を国会議員票で勝る小沢一郎前幹事長が猛追する展開。

2010/09/14 08:41共同通信




【民主党代表選】「小沢支持」者に“隠れ菅”…議員票拮抗
2010.9.14 07:35


 フジテレビで13日夕に放送されたスーパーニュースによると、同日現在、民主党代表選は国会議員票で菅首相支持の192人対し、小沢前幹事長支持は194人と拮抗している。衆参合わせた民主党議員は411人。依然、25人が態度を明確にしておらず、その争奪戦は14日まで激しく続く。一方、地方議員・サポーター票では菅氏が有利の情勢。それだけに小沢氏にとっては議員票の取り込みに躍起なのだが、ある小沢陣営幹部は「小沢氏支持と言っておきながら、きょうも1人“隠れ菅”が見つかった。人間不信になるよ」と焦りの色をみせている。



2チャンネル
党員・サポーター、地方議員票は菅首相が優勢で、国会議員票は拮抗(きっこう)との情報が流される中、
菅首相支持とみられながら実際は小沢氏に投票する“ステルス議員”が
20人以上いるとみられ、小沢氏が巻き返す可能性も。開票まで予断を許さぬ情勢だ。

一般紙などが伝える終盤情勢は地方票で菅首相が小沢氏を上回っているとされるが、
国会議員票は拮抗しているもよう。国会議員票は全体の約3分の2を占める上、
勝敗は代表選後の発言力に影響するため、双方の陣営は約30人いる態度未定議員の取り込みに躍起だ。

ただ、小沢氏陣営幹部は、菅首相支持とみられながら実際には小沢氏支持に回る小沢派の
“ステルス議員”が「20人以上いる」とみている。小沢氏陣営の選対事務総長を務める
山岡賢次副代表は13日夕の会見で「当初、菅首相支持を表明していた方も、
どうあるべきかを分かってきてくれている」と手応えを感じている様子。

投票は無記名で、実際にどちらに投票したかは確認できないため、民主党関係者は
「支援者らの手前、政治とカネの問題がある小沢氏ではなく菅首相支持を表明した議員もいる。
無記名投票は小沢氏に有利に働く」と指摘。「小沢氏の選挙戦術を知っている菅首相陣営幹部は警戒している」と話した。

by momotaro-sakura | 2010-09-14 08:35