自殺・うつ病 2兆円超の損失 等(NHK、読売、毎日、MSN産経) [2010年09月07日(火)]

自殺・うつ病 2兆円超の損失 
2010(平成22)年09月07日(火)
NHKオンライン
e0009760_1048140.jpg


自殺・うつ病 2兆円超の損失
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20100907/t10013825561000.html

自殺した人やうつ病を患った人が、働いていれば得られたはず
の所得や、病院にかかったときの医療費などを足し合わせて、
1年間の社会的な損失を厚生労働省が推計したところ、
およそ2兆7,000億円に上ることがわかりました。

これは、7日に開かれた政府の自殺総合対策会議で
長妻厚生労働大臣が明らかにしたものです。

それによりますと、去年のデータを基に、
自殺した人やうつ病を患った人が、働いていれば得られたはず
の所得や、働けなくなって支給される給付金や生活保護費、
さらに病院にかかったときの医療費などを足し合わせて、
1年間の社会的な損失を推計すると、
およそ2兆7,000億円に上るということです。

内訳をみますと、

▽自殺した人が69歳まで働き続けたと仮定した場合の所得が
 総額 1兆9,028億円、
▽うつ病を患った人が受け取った生活保護費が
 総額   3,046億円、
▽うつ病の治療にかかった医療費が
 総額   2,971億円

などとなっています。

また、自殺やうつ病がなくなった場合の
GDP=国内総生産の引き上げ効果は、
労働者が増えて経済活動が活発になることから、
およそ1兆7,000億円に上ると試算しています。

去年1年間に自殺した人は3万2,845人で、
このうち、うつ病が原因とみられる人は、
およそ5人に1人の6,949人に上っています。

厚生労働省は自殺やうつ病を防止する
総合的な対策を進めていくことにしています。

長妻厚生労働大臣は閣議のあとの記者会見で、

「自殺対策は、行政として、お金をかけて、
 一定の規模の対策をしっかり取っていくことが重要だ
 ということを国民に訴え、理解を求めていきたい」

と述べました。


NHKオンライン 2010年09月07日(火)11時47分
by momotaro-sakura | 2010-09-15 10:48