<菅首相>内閣改造 新閣僚決まる


<菅首相>内閣改造 新閣僚決まる

 菅直人首相は内閣改造を行い、17日午後、仙谷由人官房長官から閣僚名簿が発表された。
新閣僚は次の通り。

▽総理=菅直人

▽総務=片山善博(民間)

▽法務=柳田稔

▽外務=前原誠司(ポスト変更)

▽財務=野田佳彦(留任)

▽文部科学=高木義明

▽厚生労働=細川律夫

▽農林水産=鹿野道彦

▽経済産業=大畠章宏

▽国土交通・沖縄北方=馬淵澄夫

▽環境・防災=松本龍

▽防衛=北沢俊美(留任)

▽官房=仙谷由人(留任)

▽国家公安・消費者・少子化=岡崎トミ子

▽郵政・金融=自見庄三郎(留任)

▽経済財政=海江田万里

▽国家戦略=玄葉光一郎(ポスト変更)

▽行政刷新・公務員改革=蓮舫(留任)





【菅改造内閣】今夕発足 注目の顔ぶれ全容は… 
小沢氏は両院議員総会を欠席

2010.9.17 14:03産経新聞


 菅改造内閣は17日夕、発足する。
菅直人首相は、鳩山由紀夫前首相に近い海江田万里衆院財務金融委員長の経済財政担当相、大畠章宏衆院国家基本政策委員長の経済産業相への起用を新たに決めた。松本龍党両院議員総会長は環境相、高木義明元国対委員長は文部科学相、岡崎トミ子参院議員は国家公安・消費者担当相でそれぞれ初入閣する。柳田稔参院幹事長は法務・拉致問題担当相就任が決まった。

 党幹事長に就任する岡田克也外相の後任には前原誠司国土交通相が横滑り。前原氏の後任には馬淵澄夫国交副大臣を充てる。北沢俊美防衛相は留任する。

 民間から、前鳥取県知事の片山善博慶応大教授の総務相の起用を決定した。玄葉光一郎政調会長に国家戦略担当相を兼務させる。

 このほか、細川律夫厚生労働副大臣が厚生労働相、鹿野道彦衆院予算委員長が農水相に起用された。

 内閣の要である仙谷由人官房長官は留任。野田佳彦財務相と蓮舫行政刷新担当相、国民新党の自見庄三郎郵政改革・金融相は続投がすでに決まっている。

首相は同日午前の定例閣議で、全閣僚の辞表を取りまとめた。首相は閣議で「菅内閣が取り組む政策推進に引き続き協力を願いたい」と述べ、民主党全議員が結束して政権運営にあたる態勢を整える意向を示した。

 午後に国民新党の亀井静香代表と与党党首会談を行った後に、閣僚名簿を発表。皇居での新閣僚の認証式を経て、菅改造内閣は正式に発足する。夜に初閣議を開いた後、首相は記者会見に臨む予定だ。

 これに先立ち、民主党は17日午前、国会近くの憲政記念館で両院議員総会を開き、岡田氏の幹事長起用や鉢呂吉雄衆院厚生労働委員長の国対委員長への起用など主要役員の人事を了承した。岡田氏の前任の枝野幸男幹事長の幹事長代理就任も決まった。

 首相は総会で「選挙が終わればノーサイドだ。412人の内閣を作ると約束した。順次進める」と強調した。岡田氏も「公平で透明な党運営をしたい」と語った。

 一方、代表選に敗れた小沢一郎元幹事長は総会を欠席した。首相は16日、小沢氏と輿石東参院議員会長に代表代行就任を要請したが両氏は拒否した。内閣と党の主要ポストで小沢グループからの起用はなく、反発が出ている。首相は、小沢グループの中堅・若手を副大臣や政務官ポストなどで処遇することによって関係を修復したい考えだ





菅改造内閣 閣僚名簿を発表
9月17日 14時6分 NHK
菅総理大臣は、民主党代表選挙を受けて17日夜、菅改造内閣を発足させることにしており、国民新党の亀井代表と党首会談を行ったあと、仙谷官房長官が閣僚名簿を発表しました。

菅総理大臣は、17日朝の閣議で閣僚の辞表を取りまとめたあと、民主党の両院議員総会に臨み、岡田幹事長、玄葉政策調査会長、鉢呂国会対策委員長の新しい執行部人事を示し、正式に承認されました。そして、菅総理大臣は、午後1時から総理大臣官邸で国民新党の亀井代表と与党の党首会談を行い、この中で、引き続き連立政権を維持することを確認したうえで、郵政改革法案の速やかな成立を期すことなどを盛り込んだ合意文書を交わしました。また、会談で、亀井代表が、急激な円高・株安への対策として大胆な経済対策を行うよう求めたのに対し、菅総理大臣は、秋の臨時国会に補正予算案を提出したいという考えを示しました。このあと、組閣本部が設置され、仙谷官房長官が菅改造内閣の閣僚名簿を発表しました。それによりますと、▽総務大臣に民間から前の鳥取県知事の片山善博氏、▽法務大臣と拉致問題担当大臣に民主党の参議院幹事長の柳田稔氏、▽外務大臣に前原誠司氏、国土交通大臣からの横滑りです。▽財務大臣に野田佳彦氏、留任です。▽文部科学大臣に高木義明氏、▽厚生労働大臣に細川律夫氏、▽農林水産大臣に鹿野道彦氏、▽経済産業大臣に大畠章宏氏、▽国土交通大臣、沖縄・北方担当大臣に馬淵澄夫氏、▽環境大臣、防災担当大臣に松本龍氏、▽防衛大臣に参議院議員の北澤俊美氏、留任です。▽官房長官に仙谷由人氏、留任です。▽国家公安委員長、そして、消費者行政や少子化対策などを担当する大臣に参議院議員の岡崎トミ子氏、▽郵政改革・金融担当大臣に国民新党の参議院議員、自見庄三郎氏、留任です。▽経済財政政策と科学技術政策などを担当する大臣に海江田万里氏、▽国家戦略担当大臣に民主党政策調査会長の玄葉光一郎氏。公務員制度改革担当大臣からの横滑りです。▽行政刷新担当、公務員制度改革担当大臣に参議院議員の蓮舫氏、留任です。新しい閣僚らは、順次、総理大臣官邸に呼び込まれ、菅総理大臣から担当などの指示を受けることになっています。そして、夕方、皇居での認証式を経て、菅改造内閣が正式に発足する運びです。菅総理大臣は、初閣議のあと、17日夜9時から記者会見をして、内閣改造のねらいや、今後の政権運営の基本方針を説明することにしています。

by momotaro-sakura | 2010-09-17 14:17