研究・開発インドに拠点、日立、高度なシステム設計

研究・開発インドに拠点、日立、高度なシステム設計。(2010/9/18)
 日立製作所はインドや中国など新興国での研究開発(R&D)機能を相次ぎ拡充する。2012年度までにインドに新拠点を設けるほか、中国の研究人員を200人に倍増させる。電力・情報システムなどの開発力を高め社会インフラの受注拡大を狙う。大手電機ではソニーもインド拠点を大幅に増強しており、研究開発の海外現地化が中核分野に及んできた。

 日立は米国、英国、中国、シンガポールにR&D拠点を持つが、12年度までにインドにも研究人員を常駐させる。優秀なソフトウエア技術者を囲い込み、高度なシステム設計などを任せる。デリー・ムンバイ間に工業団地や貨物鉄道などを整備する大規模計画などをにらみ、電力や鉄道の専門家を配置することも検討する。

 中国のR&D法人である日立中国研究開発(北京市)には現在、約100人の・・・ (新聞本文はまだ続きます)


(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日本経済新聞 朝刊]
[提供:日経テレコン21]

続きを読む(日経テレコン21)
by momotaro-sakura | 2010-09-21 12:07