日立、4~9月5円復配

日立、4~9月5円復配。(2010/9/17)
 日立製作所は16日、2010年4~9月期の配当(中間配当)を当初計画通り5円にすると発表した。内訳は普通配当が3円、創業100周年記念配当が2円。

 日立はリーマン・ショック後の業績の落ち込みを受け、前期は中間、期末とも配当を見送り、1949年の上場以来、初の無配となっていた。今期は4~6月期に四半期ベースで最高の連結純利益を計上するなど業績が復調。復配する。

 今期は東芝や三菱電機も、前期に見送った中間配を復活させるとみられる。中間配の復活で総合電機3社が足並みをそろえることになりそうだ。日立と東芝は年間でも復配となる。日立はいまのところ、年間配当額については未定としている。
(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日本経済新聞 朝刊]
[提供:日経テレコン21]
by momotaro-sakura | 2010-09-21 13:30