【尖閣衝突事件】前原外相、政府対応の説明に意欲「中国は大事な隣国」



【尖閣衝突事件】前原外相、政府対応の説明に意欲
「中国は大事な隣国」
2010.9.22 09:11
 
国連総会に合わせてニューヨークを訪問中の前原誠司外相は21日午後(日本時間22日午前)、

沖縄・尖閣諸島付近での中国漁船衝突事件をめぐり、中国側要人と滞在中の会談予定はないとした上

で、国際会議などで同席した場合、日本政府としての対応説明に意欲を示した。中国要人と会った場

合の対応を聞かれ「きちんと話をしたい」と述べた。国連内で記者団の質問に答えた。

 前原氏は中国側が反発を強めていることに関して「大事な隣国だ。戦略的互恵関係をしっかり作り

上げないといけない」と指摘。拘置中の中国人船長への対応に関しては「国内法にのっとって粛々と

対応する」と重ねて表明した。

 海上保安庁が衝突の模様を撮影したビデオについても「(漁船が衝突してきたことが)見たら分か

る」と証拠能力に自信を示した。(共同)

by momotaro-sakura | 2010-09-22 11:54