中国当局、フジタ社員4人を拘束か

中国当局、フジタ社員4人を拘束か2010年09月24日 10:21
 発信地:北京/中国

【9月24日 AFP】日中関係が悪化する中、中国国営新華社(Xinhua)通信は23日、中国当局が、同国河北(Hebei)省の軍事管理区域で違法にビデオ撮影していた疑いで日本人4人を取り調べていると伝えた。

 ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)米国務長官が、日本が中国人漁船船長を逮捕、拘置している問題について日中間の対話を求める中、4人の取り調べが明らかになった。

 新華社は、「河北省の軍事管理区域に許可無く立ち入り、不法に軍事目標をビデオ録画した疑いで日本人4人を取り調べている」と述べ、中国治安当局が「法に基づいた措置を取っている」と伝えた。

 共同(Kyodo)通信は24日、在北京(Beijing)日本大使館が日本人4人の取り調べを確認したと伝えた。

 また、時事通信(Jiji Press)によると、日本の中堅ゼネコン「フジタ(Fujita)」は、社員4人が中国当局に拘束されているとの情報をつかんでいる。同社広報によると、少なくとも22日から4人と連絡が取れなくなっているという。

 共同によれば、4人は第2次世界大戦(World War II)中に日本軍が遺棄した化学兵器を処分する事業に関連して、下見に訪れていた。

 4人の取り調べにより、日中関係がさらに悪化する可能性が高いとみられている。

 東シナ海(East China Sea)の尖閣諸島(Senkaku Islands、中国名:釣魚島)付近で起きた中国トロール漁船と海上保安庁巡視船との衝突事件で日本側がトロール漁船の船長を逮捕したことを受け、日中関係は悪化している。(c)AFP

AFPBB News



2010年9月24日 10時06分
21日に「助けて」とメール=社員4人拘束の情報―「状況分からず心配」・フジタ  中国で日本人4人が河北省石家荘市国家安全機関の取り調べを受けている事件で、準大手ゼネコンのフジタ(東京都渋谷区)は24日、同社の日本人社員4人が中国当局に拘束されているとの情報があることを明らかにした。中国国営新華社通信が名前を報じた高橋定さんらだという。

 フジタによると、21日午前には高橋さんの携帯電話から同社現地法人「藤田(中国)建設工程有限公司」の社員に、中国語で「助けてくれ」と書かれたメールがあり、それ以降連絡が取れなくなった。

 4人はいずれも40〜50代の男性で、日本から出張した2人と現地法人の2人。19日に上海に到着、20日に車で河北省石家荘市に入った。ほかに中国籍の現地法人社員1人が同行していたが、いずれも連絡は取れていない。

 同社の高山浩一郎管理統括部長は「詳しい状況が分からず、調査している。どうなっているのか、大変心配だ」と言葉少なに話した。当面は外務省などからの情報収集に当たるとしており、日本から社員や家族が現地に出向く予定はないという。
時事通信 
by momotaro-sakura | 2010-09-24 11:39