日立、創業100周年記念、社員に歩数計配布、途上国支援の仕組みも

日立、創業100周年記念、社員に歩数計配布、途上国支援の仕組みも。(2010/9/27)
 日立製作所は社員の健康増進のため国内約20万人に歩数計を無料配布した。帰宅後に自宅のパソコンに差し込むとその日の歩数が登録される。2万歩ごとに一定額を同社健康保険組合から途上国の学校給食支援として寄付するなど、歩けば歩くほど社会貢献できる仕組みも導入した。

 創業100周年を記念してグループ233社の社員20万人に、ロゴが入った歩数計を配布した。健康保険組合のウェブサイトには、累計の歩数に応じて日立グループの100年の歩みを振り返る仕組みも作った。

 1910年の創業年からスタートして、2万歩ごとに1年進み、その年の日立グループを象徴する出来事を紹介する。12年は製造番号第1号の275馬力電動機を取り上げている。


(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日本経済新聞 朝刊]
by momotaro-sakura | 2010-09-30 11:28