財務基準機構と経団連、会計基準、産業界の声集約、有力企業CFO集め検討会議

財務基準機構と経団連、会計基準、産業界の声集約、有力企業CFO集め検討会議。(2010/9/28)
「単体」財務諸表を議論

 日本の会計基準づくりを担う企業会計基準委員会の上部組織、財務会計基準機構と日本経団連は有力企業の最高財務責任者(CFO)を集めた検討会議を新設する。日本基準と国際会計基準(IFRS)との共通化に際し、会社法などとの調整が必要とされる「単体」の財務諸表について、経済界から幅広く意見を聞き取るのが狙い。

 検討会議は10月上旬にも初回の会合を開く。メンバーはトップが経団連の会長、副会長を務める有力企業のCFOが中心。住友化学や東京電力、東芝、新日本製鉄、日立製作所、三井物産などが参加する。議長は萩原敏孝・財務会計基準機構理事長が務める。
 日本基準とIFRSとの共通化は連結決算が先行する形で作業が進んできたが、産業界からは「単体は税法や会社法との調整が難しく、日本・・・ (新聞本文はまだ続きます)


(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日本経済新聞 朝刊]
by momotaro-sakura | 2010-10-01 10:16