国会議事堂でのファッション撮影を敢行!

国会議事堂でのファッション撮影を敢行! 蓮舫議員、VOGUE NIPPON に初登場。VOGUE NIPPON 11月号では、蓮舫議員とのフォトセッション&ロングインタビューを掲載。7月の参議院選挙では東京選挙区での史上最高得票を獲得し、開票開始わずか5分で「当選確実」をたたき出した蓮舫議員の魅力に迫った。

フォトセッションが行われたのは、国会議事堂。もちろん国会議事堂でモード誌の撮影が行われることは、異例中の異例のこと。蓮舫議員に、トレードマークである「ホワイトのスーツ」をモードに着替えてもらっての撮影を手がけたのはフォトグラファーのレスリー・キー。「たくさんのセレブリティを撮影してきたけれど、こんなにパワーのある女性にはなかなか会えない」とレスリーが語るほどの熱いセッションに。

翌日行われたインタビューで、聞き手を務めたのは作家の重松清氏。蓮舫議員が重松氏の大ファンということで実現した顔合わせとなった。事業仕分けでの「一位でないといけないんですか」発言に隠された裏側、そして蓮舫議員がなぜ政治家を目指したのか。重松氏ならではのウィットに富んだ会話の中から、今まで語られることのなかった蓮舫議員の「本音」も飛び出した。

e0009760_12554890.jpg



e0009760_12593934.jpg

国会内でファッション誌撮影にポーズの蓮舫氏 野党が批判
2010.10.7 12:34産経ニュース



 西岡武夫参院議長は7日、蓮舫行政刷新担当相を国会内に呼び、ファッション雑誌のため国会議事堂内で写真撮影に応じたのは不適切だとして口頭で注意した。7日の参院議院運営委員会理事会でもこの問題が取り上げられ、野党は「撮影許可の基準を満たしていない」と批判した。
 雑誌は「VOGUE NIPPON」11月号。巻頭特集として、国会内でポーズをとっている蓮舫氏の写真を掲載。同誌のホームページでは「国会議事堂でのファッション撮影を敢行!」などと記されている。
 参院事務局によると、議事堂内での撮影は議員活動にかかわる場合は認められているが、私的な宣伝か営利目的に当たる行為は許可していないという。

by momotaro-sakura | 2010-10-07 12:55