「日本でのモノ作りにこだわり」、安易な海外移転、トヨタ社長否定

「日本でのモノ作りにこだわり」、安易な海外移転、トヨタ社長否定。(2010/10/18)
 トヨタ自動車の豊田章男社長=写真=は18日、記者団に対し「日本でのモノ作りにこだわっていきたい」と述べ、円高の進行など経営環境が厳しい中でも安易な生産移転は考えないことを強調した。その上で政府に対し「成長戦略(を考えるうえ)で自動車産業をより重視してほしい」と要望した。

 豊田社長は日本の製造業の現状について「理屈で考えたら日本でつくるのはあり得ない」と話し、急激な円高進行などが経営上の相当な重荷となっているとの認識を示した。ただ日本のモノ作りを支える大事な時期にさしかかっているとも指摘。「よほどのことがない限り、海外に簡単に(工場を)持っていくようなことはしない」と語った。

 円高への対応については「秘策はない」と話すにとどめた。

(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日本経済新聞 夕刊]
by momotaro-sakura | 2010-10-21 16:56