ヒョウタンゴケ Funaria hygrometrica (ヒョウタンゴケ科 ヒョウタンゴケ属)

ヒョウタンゴケ Funaria hygrometrica (ヒョウタンゴケ科 ヒョウタンゴケ属)
 ヒョウタンゴケは世界に分布する蘚類で、焚き火の跡などによく群生する。植物体は小さく、茎の長さは1cmに満たないが、胞子体の柄と蒴はよく目立つ。葉は茎の先端に集まって付き、ちょうど樹木の冬芽のような形になる。
 いつも通勤している堤防上の道路が拡幅されてスーパー堤防と言いたいほどの幅広いものになった。その道路脇に光ファイバーが敷設された未舗装地が残された。光ファイバーの敷設のために掘返された場所の色が黄金色に変色してきた。なんだろうと気になっていたが、調べてみるとヒョウタンゴケであった。焚き火や火災の跡の炭にヒョウタンゴケが発生するのは有名であるが、工事の跡にも群生することをはじめて知った。図鑑には裸地にも生育すると記されているので、わかりにくかっただけなのであろう。しかし、工事で掘り返すと必ずヒョウタンゴケが発生するわけではない。活性炭(木炭)上と有機物を含まない無機土壌上で発生することの共通性は、「清潔」なのかもしれない


e0009760_1326443.jpg
e0009760_13263832.jpg
e0009760_132784.jpg
e0009760_13273113.jpg

e0009760_133214100.jpg



e0009760_13354821.jpg


たき火の跡などによく生えるコケの一種が、金を選択的に体内に取り込むことを、理化学研究所と非鉄金属大手「DOWAホールディングス」(東京都)の研究グループが発見した。最大で乾燥重量の約10%もの金を蓄積するという。貴金属をわずかに含む廃液から、金を再回収する技術として実用化を目指す。(原田成樹)

 金を取り込むのは、「ヒョウタンゴケ」というありふれた種。世界中に分布し、特にたき火や火災の焼け跡でよくみられる。

 理研は、文部科学省の「経済活性化のための研究開発」(リーディングプロジェクト、平成15~19年度)として植物を利用した環境浄化の研究に取り組み、ヒョウタンゴケが生物に有害な鉛を回収する能力を持つことを発見。20年からDOWAホールディングスと共同で、コケを用いた重金属廃水処理装置の開発に乗り出し、ヒョウタンゴケが金も取り込むことを新たに見つけた。 廃液から金や鉛を回収するには、成長した株ではなく、コケの赤ちゃんに相当する「原糸体(げんしたい)」を使う。研究グループは、原糸体を水槽内でクロレラのように培養する技術を開発し、2週間で300倍に増える量産性を実現した

 家電やパソコンなどの電子部品の配線、電極には金メッキが多く使用されているが、通常の回収処理法では微量の取り残しが出る。研究チームの実験では、リサイクル原料を再資源化処理した後の廃液でヒョウタンゴケを育成、2週間後にはコケ重量の10%に当たる金14・8グラムを取得できた。 鉛の回収能力は最大で重量の70%。プラチナも数%回収できることが分かった。多種の金属を含む廃液でも取り込む元素は限定され、蓄積される場所が大まかに分かれているので、回収上のメリットが大きい。

廃液中の微量な貴金属の回収は、従来はコストに見合わないとされてきたが、DOWAホールディングス側から研究チームに加わった中塚清次さん(理研客員研究員)は「鉛の浄化に加え、金回収も視野に実用化研究を進める。化学物質でなく植物を使って処理できることが重要」と語る。

 ヒョウタンゴケが、なぜ金やプラチナを取り込むのかは分かっていない。理研の井藤賀(いとうが)操研究員は「通常の生き物は、そもそも細胞の中に金などが入らない」と首をかしげる。強い酸性やアルカリ性の過酷な環境でも生育するヒョウタンゴケは、進化の過程で有害な金属にも耐える能力を獲得したとも考えられる

 井藤賀さんは「コケは4億年も前から、環境に適応しながら進化してきた。持続的社会を形成する上で、もっと学ばなければならない」と話している

 ■ヒョウタンゴケ ヒョウタン形の胞子嚢(のう)を持つコケで、世界中に分布する。灰への耐性が強く、火事場跡など他の草やコケが生えない場所によくみられる。国内では焼却灰などが埋められた廃棄物の最終処分地でも確認されている。

by momotaro-sakura | 2010-10-25 13:27