ベトナム原発、日本が独占交渉権、両首脳合意へ、1兆円規模、受注内定。(2010/10/30)

ベトナム原発、日本が独占交渉権、両首脳合意へ、1兆円規模、受注内定。(2010/10/30)
 【ハノイ=岩本陽一】東南アジア初となるベトナムの原子力発電所建設プロジェクトで、日本勢が事業規模約1兆円の第2期工事の独占的な優先交渉権を得る見通しとなった。29日、複数の関係者が明らかにした。既に日本勢は越側に発注要件を満たす意向を伝達。ハノイで31日開く日越首脳会談で合意すれば事実上の受注内定となる。
 日本勢は今月22日に発足した官民合同出資の国際原子力開発が中核で東芝や三菱重工業、日立製作所などが出資。日本の官民一体の取り組みとしては初の成果で、日本企業が新興国で原発を受注するのも今回が初めて。

 越原発は今年初めに第1期工事をロシアが受注し、日本は政府の本格関与が遅れたが、巻き返しを果たすことになる。高成長で電力不足が深刻化する新興国を中心に、将来は100兆円規・・・ (新聞本文はまだ続きます)

(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日本経済新聞 朝刊]
by momotaro-sakura | 2010-11-02 13:08