大学、外向き人材育成を、企業と人の交流、推進、経団連教育問題委川村委員長に聞く

大学、外向き人材育成を、企業と人の交流、推進、経団連教育問題委川村委員長に聞く。(2010/11/12)
 少子高齢化やグローバル化で事業環境が激変するなか、産業界が大学に期待する人材育成の取り組みとは何か。日本経団連副会長で教育問題委員会委員長を務める川村隆・日立製作所会長に聞いた。

 ――企業が採用選考で重視する能力や素質は。

 「現在、会員企業に『産業界の求める人材像と大学教育への期待に関するアンケート』を行っている。大学生が社会に出るまでに身につけるべき職業意識や必要な知識、能力などについて産業界の立場からまとめ、12月に結果を発表する。中間集計の段階では(1)主体性(2)コミュニケーション能力(3)実行力(4)チームワーク・協調性――が重視項目として挙がっている」

 「大卒にふさわしい知識は当然だが、自らを向上させていく主体性や意欲を持ち、協調性やコミュニケーション能力もあるとい・・・ (新聞本文はまだ続きます)
(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日経産業新聞]
by momotaro-sakura | 2010-11-15 09:40