「重大かつ継続的脅威」=対北圧力で国際社会結集―米大統領  

2010年11月24日 10時54分
「重大かつ継続的脅威」=対北圧力で国際社会結集―米大統領
 【ワシントン時事】オバマ米大統領は23日、北朝鮮による韓国・延坪島砲撃に関し、「重大かつ継続的な脅威」と言明、国際社会を挙げて北朝鮮への圧力を強化する方針を示した。ただ、軍事行動の可能性についてはコメントを避けた。大統領は同日中に李明博韓国大統領と電話会談を行い、今後の対応を協議する。

 大統領はABCテレビのインタビューで、「北朝鮮に圧力を掛けるため、国際社会を再び結集させる」と述べ、韓国側と「適切な対応」を緊密に協議していく考えを明らかにした。軍事行動に関しては「現時点では思案しない」と述べるにとどまった。

 また、中国に対し、国際規範を順守する必要性を北朝鮮に明確に示すよう呼び掛けた。
 時事通信社
by momotaro-sakura | 2010-11-24 12:24