大容量映像・遠隔医療…、家庭用光回線、速さ1000倍、情通機構・NTTなど

大容量映像・遠隔医療…、家庭用光回線、速さ1000倍、情通機構・NTTなど。(2010/12/5)
 独立行政法人の情報通信研究機構とNTTなど民間8社は共同で、家庭向けのインターネット回線の通信容量を1000倍に増やせる技術を開発した。特殊な光通信装置で、回線に取り付けるとハイビジョンの4倍高精細な映像を家庭の巨大な画面で簡単に視聴できるようになる。超高画質なホームシアターや遠隔医療の普及に不可欠な技術として2020年ごろの実用化を目指す。

 開発したのは同機構とNTT、NEC、三菱電機、日立製作所、KDDI研究所、富士通など。「波長多重通信」という通信方式など様々な技術を組み合わせた家庭向け装置を試作した。回線に取り付けると、1本の光ファイバーで1種類の光信号しか送れなかったのが同時に4~10種類の光信号を送れるようになる。通信速度は毎秒100ギガ(ギガは10億)ビットに速まる。・・・ (新聞本文はまだ続きます)

(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日本経済新聞 朝刊]
by momotaro-sakura | 2010-12-08 12:54