"未来の部屋"

e0009760_1143535.jpg


花柄モチーフの色素増感太陽電池
e0009760_1145103.jpg






色素増感太陽電池とは、色素に当たった光を電気化学的な仕組みで電気エネルギーに変換する新しいタイプの太陽電池です

従来のシリコン系太陽電池に比べて、製造時の環境負荷が少ないことやコストが抑えられること、また色や形の自由度が高いことなどから近年注目されています。ソニーでは、色素、デバイス構造、プロセス、信頼性向上などの点から将来の実用化に向けた研究開発を進めると同時に、デザインの視点からこの新しい太陽電池がもたらす未来の生活を提示するためのコンセプト開発にも取り組んできました。
e0009760_1534294.jpg



生活の中にさりげなく溶け込む太陽電池
試作パネルは、印刷技術の応用で製造されるこの太陽電池のグラフィック的な可能性を探るため、また電気をつくる仕組みが植物の光合成を想起させることから、マリーゴールドの花をモチーフにしたグラフィカルなパターンになっています。さらにこの試作パネルを応用してできたものが、色素増感太陽電池を用いたあかり「Hana-Akari」です。昼間に太陽や室内の光を受けて発電し、暗くなるとそのエネルギーを利用してあかりを灯します。生活やインテリアにさりげなく溶け込む、電源を必要としない灯燈のようなあかりのコンセプト提案です。
e0009760_15343480.jpg

by momotaro-sakura | 2010-12-12 11:44