賃金改善要求、電機労組見送りへ、日立・三菱電・パナソニック、定昇優先、2年連続

賃金改善要求、電機労組見送りへ、日立・三菱電・パナソニック、定昇優先、2年連続。(2010/12/10)
 日立製作所、三菱電機、パナソニックなど電機大手の労組が2011年春の労使交渉で賃金改善要求を見送る見通しとなった。電機各社の業績は回復しているが、円高や欧州金融不安など景気の先行きが不透明なため、固定費の増加につながる賃金改善は難しいと判断したもよう。定期昇給の完全実施を求めていく。
 

シャープやNECの労組も賃金改善要求を見送る見通し。電機大手の労組が賃金改善要求を見送るのは2年連続。09年は賃金改善要求に経営側がゼロ回答。定昇を一時凍結したケースもあった。製造業大手の来春の労使交渉は定昇維持、雇用確保が軸となりそうだ。

 連合は「一時金や諸手当なども含めた給与総額の1%引き上げ」との方針を掲げている。電機では多くの企業が一時金を業績連動にしているが、日立や三菱電機など別途交渉する企・・・ (新聞本文はまだ続きます)
(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日本経済新聞 朝刊]
by momotaro-sakura | 2010-12-13 09:46