中国の売上高、12年度1.4兆円に、日立、車部品など強化

中国の売上高、12年度1.4兆円に、日立、車部品など強化。(2010/12/11)
 日立製作所は中国の売上高を2012年度に1兆4000億~1兆5000億円に引き上げる。09年度は1兆円弱だった。自動車部品や昇降機の販売を強化し、水処理システムなどの受注体制も拡充する。同時に現地生産の比率を高め、激化するコスト競争に備える。

 中国では建設機械、昇降機、高機能材料などを中心に事業を展開している。こうした主力品目に加え、自動車部品やハードディスク駆動装置などの販売を強化する。現在約7割の中国市場向け製品の現地生産比率を徐々に高め、コスト競争力を強化。12年度までに、中国内陸部に昇降機工場も新設する。

(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日本経済新聞 朝刊]
by momotaro-sakura | 2010-12-14 15:26