日立、米ITサービス買収、インド拠点取り込む――コスト競争力強化

日立、米ITサービス買収、インド拠点取り込む――コスト競争力強化。(2011/1/5)
 日立製作所は4日、米IT(情報技術)サービス会社のシエラ・アトランティック社(カリフォルニア州)を買収したと発表した。シエラ社はソフトウエアや情報システムの受託開発などに強みを持ち、インドを中心に約2400人の従業員を抱える。日立は情報・通信システム事業の海外売上高拡大に取り組んでおり、シエラ社を活用しコスト競争力を強化する。

 グループ会社の米国日立コンサルティング(テキサス州)を通じて買収した。シエラ社は米国を中心に、製造業やヘルスケアなど約200社の顧客を持ち、2010年の売上高は約1億ドル(82億円)の見込み。買収額は公表していないが、150億円程度とみられる。

 シエラ社のソフトやシステムの受託開発要員は約2000人と全従業員の約8割を占め、その大半がインドにいる。インドでソ・・・ (新聞本文はまだ続きます)

(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日本経済新聞 朝刊]
by momotaro-sakura | 2011-01-08 11:13