菅直人首相は13日、たちあがれ日本の与謝野馨共同代表を、14日に行う内閣改造に伴い政府の要職に起用

菅直人首相は13日、たちあがれ日本の与謝野馨共同代表を、14日に行う内閣改造に伴い政府の要職に起用する意向を固めた。与謝野氏は13日午前、平沼赳夫代表に離党届を提出した。さらに参院で問責決議を受けた仙谷由人官房長官と馬淵澄夫国交相を交代させ、官房長官の後任に枝野幸男幹事長代理を起用することも内定。首相は仙谷氏に党要職での起用を伝え、党代表代行に就任する見込みだ。

 首相は与謝野氏に対し、税と社会保障の抜本改革を主導する役割を期待しており、与野党協議の座長への起用を念頭に置いている。政府のポストとして、税と社会保障担当の特命相か首相補佐官、さらには経済財政担当相や厚生労働相も有力視されている。

 与謝野氏は昨年末、たちあがれ日本の連立政権入りに向け首相らと協議。最終的に党内で反対意見が相次いだため連立を断念したが、与謝野氏は政権参画に前向きだった。

 与謝野氏は13日午前、離党届を提出した後に記者会見し、「たちあがれ日本は理念中心の政党だが、私は政策に現実性を与えることでやってきた。全部の考えが一致するわけにはいかなかった」と説明、今後は無所属で活動するとした。また「財政、税、社会保障は日本の社会が避けて通れない課題だ。TPP(環太平洋戦略的経済連携協定)も重要だ。陰ながらお手伝いしたい」と意欲を示した

by momotaro-sakura | 2011-01-13 16:26