日立・宇部興が提携、自動車用電池部材、製販会社を設立。(2011/1/14)

日立・宇部興が提携、自動車用電池部材、製販会社を設立。(2011/1/14)
 日立製作所と宇部興産はリチウムイオン電池事業で提携する。関連部材の製造販売を手がける共同出資会社を設立。両社の技術を持ち寄って成長が見込まれる車載向け事業で優位性を高める。リチウムイオン電池は電気自動車向けなどで世界需要が急拡大している。関連部材の開発・投資競争が激しくなっており、経営基盤を強化する。

 14日午後に発表する。リチウムイオン電池の安全性を保つ基幹部材であるセパレーターの開発、製造、販売が対象。日立の完全子会社である日立マクセルと宇部興産が2月に共同出資会社を設立する。資本金は1億5000万円で宇部興産が51%、日立マクセルが49%を出資する。

 宇部興産は電解液と呼ぶリチウムイオン電池の基幹部材では世界首位だが、セパレーターでは同4位以下とみられる。日立マクセルが性能の・・・ (新聞本文はまだ続きます)

(記事は本文の一部を掲載しています。)
[日本経済新聞 夕刊]
by momotaro-sakura | 2011-01-17 10:57